顕正会の誤りについて

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが大石寺なんです!

昨日、一昨日と大石寺では御霊宝虫払大法会が執り行われました。

その三門前の写真です。


三門前

看板には「日蓮正宗総本山」とありますね、


提灯には「大石寺」とあります。



これこそが正真正銘の「大石寺」なのであり、顕正会の自称する「大石寺」なんてぇものは、たんなる名前を泥棒したにすぎないのですよ。


顕正会員の皆さん、少しは自覚しましょうね。


客殿前

大石寺の桜の様子は以下のサイトでフラッシュにてアップしてます。よかったら見てやってください。


http://houonbou.com/




管理人“トチロ~”への連絡は左上のメールフォームからお願いいたします。携帯の方はこちらへ


tochirou@houonbou.com



*CommentList

82歳

先日俳優の宇津井健さんが亡くなったわけですが…、



宇津井さんと浅井さんはほぼ同じ年齢なんですよね…。




浅井さんの方が1か月ほど若いのかな?






そろそろそういう年齢なんですね…。







トチロ~への連絡は


tochirou@houonbou.com


まで。

*CommentList

まことに不憫です…

また顕正会員が書類送検されたんですね…。



人びとの不幸を取り除くための宗教がなにゆえ多くの人々を不幸に陥れているのでしょうか。




一部のはねっかえりが起こした事件かもしれませんが、このようなはねっかえりを生む土壌が顕正会には存在するということでしょう…。




純粋に大聖人様の仏法を求めている会員さんにおかれましては誠に心の痛むことでありましょう。





本当にお気の毒なことです…。





そういった方は是非とも日蓮正宗の寺院を覗かれてください。




あなた方のような健気な人々が幸せに信心をしております。




「譬へばよき火打とよき石のかどとよきほくちと此の三つ寄り合ひて火を用ゆるなり。祈りも又是くの如し。よき師とよき檀那とよき法と、此の三つ寄り合ひて祈りを成就し、国土の大難をも払ふべき者なり。」(御書 1314)




と、大聖人様も仰せです。個人個人が幸せになるのも、あなた方顕正会員が叫ぶ国土安穏も、「よき師」という御僧侶が存在して初めて成し遂げられるものなのです。これを無視しているのが顕正会なんです。



日蓮正宗にはこの全ては整っております。




本当に大聖人様の仏法を求めているならば、日蓮正宗においでなさい。




私たちはいつでも門を開いて待っております。






*CommentList

道理

この信心はね、突き詰めていくと非常に単純な道理なんですよ。






私たち人間は(動物も同じですし、草木も同じだそうです。)、必ず仏性という宝の珠を持っているのだそうです。






この珠を磨いて仏性本来の力を発揮させれば(仏界を開くということですね。)、人びとは幸せになっていくのです。つまり、世間でいうところの「潜在能力」を如何に発揮させるかということなのだと思います。






この「あなた方には仏様と同じような境涯になれる仏性というものが本来そなわっているのですよ。」と人々に教えていくのが折伏であり、それを実践してその道理を身を以って顕していくことが修行なのだと思います。






「国立戒壇を建立しなければ日本は滅ぶ!」と人々を脅して勧誘することが折伏ではないのですよ。






それでは仏界を開くためにはどうすれば良いのか…。






仏界を顕している御本尊様に相向かってお題目を唱えれば良いのです。






本門の本尊に向かって本門の題目を唱える処が本門の戒壇である。







ここに三大秘法は成就しているのです。つまり、この刹那は即身成仏の境涯を顕しているということなんですね。








顕正会員さんにはちょいと難しかったかな?まぁ、国立戒壇を建立しないと三大秘法は成就しないと固執して、未だに自身の境涯さえも変えることが出来ない姿は誤りなんだということだけ理解するべきでしょうね。







ここで最大の問題になってくるのが、本尊の真偽なのですよ。








上記の道理も、本物の御本尊様であるが故になしえる道理であって、仏界を顕していないニセ本尊では私たちの胸中の仏界は決して開くものではないのです。







あなた方の目の前にある本尊は本物かな?それとも偽物かな?







そこんとこ、よ~~~~~く考えましょうね。




























顕正会本尊がニセの理由

我々がニセ札(お金のことですよ。)を判断するときに真っ先にやるのは








透かしを確認すること。








顕正会ニセ本尊もね…、










透かして見ると一発なんです。









本物には存在するものが、











顕正会版ニセ本尊には無い。












まぁ、私が老眼デビューしたから見えないだけかな?(笑)












自宅拠点の顕正会員さん、ぜひ試してみてね…。

















ってか、本物を知らなければ何が無いのかは分からんわな…。











ニセ本尊の害毒を恐れる顕正会員さんは是非連絡ください。








ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。