顕正会の誤りについて:未分類

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Category [未分類 ] 記事一覧

スポンサーサイト

私信

先ほど(10月4日午前0時52分)管理人宛てのコメントを下さった疑問者様、ぜひお返事をお送りしたいのですが、メールアドレスをお知らせ頂けないでしょうか。先ほどと同じように投稿頂ければ、内容は外部の目に触れることなくこちらに伝わります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。なお、私も顕正会員の皆様方が純粋で素直な方ばかりであることは重々承知しております。ゆえに本物の信心というものをお伝えしたくて...

私信

5月13日に管理人あてのコメントをくださったS様、最近管理ページを開いていませんでしたもので、先ほどコメントに気がつきました。申し訳ありません。お手数ですがURLを送って下さいませ。よろしくお願い致します。...

私信

本日6時48分に管理人(トチロ~)あてにコメントを頂いた方へ詳細をご連絡したいと思いますので、連絡の取れるメールアドレスか携帯電話の番号を教えてください。よろしくお願いいたします。...

コメントを頂いて“徳”のお話が出ましたので、少しそれについて書いてみたいと思います。功徳とは徳を積むことです。必然的に熱心な信徒さんは、その心に徳は積まれていきます。本山行事などで全国の信徒さんが集まる場に行きますと、色々な機根のレベルの方がいらっしゃいます。その中でも、人一倍熱心な方々が集まっているであろう講頭会などに出席すると、その雰囲気の違いにビックリします。相、言葉、振る舞いが、徳を感じるも...

罪悪と寝言

「道徳無き経済は罪悪であり、経済無き道徳は寝言である。」これは二宮尊徳の言葉だそうです。私はこれを聞いて、仏法と王法の関係が頭に浮かびました。仏法を根本としない王法は、民を苦しめる罪悪でしかない。かといって、人々の生活に反映しない仏法ならば、それは単なる寝言に過ぎない。折伏をして、世の中の苦しんでいる人々に仏法の道理を教え、その苦しみを抜き去り、楽を与える。その実践こそが、何よりも大切なのだと思い...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。