顕正会の誤りについて:顕正会の主張の根本的誤り

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕正会の主張の根本的誤り

まず、顕正会の皆様に自覚していただきたい事は、







「あなた方の主張している論法は、対創価学会としてのものであり、宗門に対しての破折にはなっていない!」





ということであります。こう言うと、顕正会員の頭の中は????で一杯になることでしょう。



要するに、簡単に言ってしまえば、顕正会の主張は正本堂を御遺命の戒壇としたい創価学会に対しては、それは御遺命の戒壇では無い!と破折する材料となるのでしょうが、こと宗門に至っては初めから正本堂に関しては御遺命の戒壇とは認めていないのであります(ただし、広宣流布の因が顕われたという意味合いにおいての一部の意は含まれます。)。されば、顕正会が会員に徹底的に教え込む「戒壇建立の時期と手続きと場所」に関してのご教示を持って宗門を攻撃するのは、あまりにも的がはずれており、その浅はかさには笑いを通り越して哀れみさえ感じるものであります。


顕正会員は正本堂に関して、宗門と学会は手を組んで御遺命の戒壇と偽り、よって御遺命は破壊されたのである。と考えているようでありますが、宗門は一貫して学会のこの大慢心を諫め、教導していたのであり、その事実を知らず、「宗門憎し、日達上人憎し、日顕猊下憎し!」と叫んでやまないあなた方、顕正会員は当に浅井会長に洗脳されている愚かな衆生なのです。


顕正会の情報のみですべてを判断していることが、そもそもの誤りなのです。一歩離れて宗門の書籍等を冷静な目で読んでみてください。必ず賢明な皆様には分かるはずです。



これ以上大聖人様を悪しく敬い、自らの罪障を積み上げることは愚かなことです。一日も早く目を覚まされる事を願ってやみません。






スポンサーサイト

Comment

 

地球上に生まれた事自体、罪障の為だと思われますが、これが最後のチャンスかも知れませんよ(T_T) トチローさんの言った事を重く捉えるか、軽く捉えるかだと、思います。この機会を逃したら、成仏できないかもですよ(ToT) 酔ってるもんで、すんませんm(_ _)m
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.08/03 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドンチャンさんへ 

そうなんですよね、私もそうだったのですが、顕正会員は謗法を軽く考えすぎているような気がします。

猊下に刃向うことがいかに大きな罪業を積むことか…。

これが分かっていないような気がします。

それだけのことを仕出かしたからこそ彼らは破門になったのですよね。

顕正会員は“理不尽なる解散処分”とだけ教えられていますが、浅井さんは“堕地獄決定!の除名処分を御宗門から受けている”のです。

地獄に堕ちていく浅井会長についていくということは自らも地獄へ堕ちるということであります。

顕正会員さんにはこの点に早く気づいていただきたいものです。


  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.08/05 03:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。