顕正会の誤りについて:広宣流布について 2

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広宣流布について 2

まずは「一天四海 本因妙、広宣流布」について考えてみたいと思います。


御宗門から出版されている「勤行要典の解説」には四座の御観念文について以下のように書かれています。

「【通釈】御本仏の大願である一天四海にわたる本因妙の仏法の広宣流布が成就されるよう御祈念し奉ります。」


「【語句解説】①一天四海……仏教の世界観でいう東弗婆提、西瞿耶尼、南閻浮提、北鬱単越の四州を四天下、または一天といい、東西南北の四方の大鹹海を四海という。この一天四海で一つの世界全体を表す。」


実はこの“仏教における世界観”というものが一つのポイントだと私は思います。


つまり、この“世界”とは地球上の国々を総じたところの世間的通念の“世界”では無く、宇宙全体をも含めたところの広大なる世界という意味であると私は思います。


その根拠は以下の御隠尊猊下の御講義からも見てとれます。

「「『大王、吾が今化する所の百億の須弥、百億の日月、一々の須弥に四天下有り、其の南閻浮提に十六の大国・五百の中国・十千の小国有り。其の国土の中に七つの畏るべき難有り、一切の国王是を難と為すが故に。云何なるを難と為す」

 ここからが、七難を一つずつ挙げられておる文であります。

 この「百億の須弥」以下は、仏法におけるところの広大な世界観を述べるわけですが、仏法をよく拝してみると、望遠鏡もないのに、よく法界全体、何百万光年の向こうというようなところの実相までをも、よく見ておると思いますね。やはりそういうところに一切の世界があるということを『寿量品』の五百塵点劫の御法門でも拝感できます。

 その「一々の須弥に四天下有り」、そういうことが全部、共通して存在しておるという意味です。

 そして、具体的に言えば、この我々の住んでおるところは「南閻浮提」であります。」(立正安国論49~50ページ)


仏教における世界観とは、須弥山を中心として東弗婆提、西瞿耶尼、南閻浮提、北鬱単越という四つの人の住むところがあるわけですが、この地球とはこの中の南閻浮提に属するにすぎないのであり、仏様の大願である一天四海本因妙広宣流布とは、この地球の一切衆生をも超え、宇宙全体のありとあらゆる生命体への妙法による救済である。と捉えることができるのではないでしょうか。


すなわち、ポリ銀さんの言うところの「今現在貎下様が祈念せられている一天四海本因妙広宣流布は、最後究極の姿」という表現が最高に的を射ているのであり、仏様の大理想とされる姿を御祈念されていると私は思うものです。ゆえに御遺命の戒壇建立の条件たる広宣流布とはいささかその意味するところとは違うような気がいたします。


それでは、一閻浮提広宣流布ならばどうなのか?という疑問について次は述べていきましょう。



スポンサーサイト

Comment

 

トチローさん、お久しぶりです

この件については全面衝突を避けようと思いまして、敢えて触れないようにして参りましたが、私は自分自身の信心の混乱を避ける為にも、指導教師たる西川御住職の御指導に従っての
「一閻浮提の広宣流布最優先、その後の本門戒壇建立」
という立場をとらせて頂きたいと思います

と言っても、何もトチローさんの意見を否定しようとか、何が何でも一閻浮提だと主張したいわけではありませんし、そんな事で目くじら立てて喧嘩をしたいわけでもありませんので何卒心情をお汲みください

ただ、私としては一閻浮提広宣流布に関しては何の違和感もなく、広宣流布すれば誰の抵抗もなく本門戒壇が建立されるだろうと思いますので、それは広宣流布をした後にオマケのように付いてくるものだと思っております

私が日蓮正宗に入信するきっかけになったのも、実際に複数の御僧侶からこのような戒壇論をお聞きした上で
「なるほど、日蓮正宗の考えはビックなんだな」
とようやくわかり、これなら顕正会の主張すらも玉砕できるではないかと思えて御受戒に望むことができました

トチローさんには申し訳がありませんが、「指導教師に対する聞き方が悪い云々」ということをいつか書かれたことがあったかと思いますが、実はそれを西川御住職に確認して頂いた事がありました

「在家の主張はどれだけ熱心に研究できたとしても、所詮は在家だからね…。御隠尊の御指導はその時代にいた信徒を教化する指導であって、今の猊下が仰せられていないことを持ち出す必要はないよ。
日本限定の広宣流布を目指したとして、海外の御信徒は同じ目線で信心できると思う?
きっと宿縁が違うと言って卑下したり、やる気を無くすものもでてくるかもしれない。
猊下はそんな差別的なことを仰せにならないし、世界中の信徒が同じ目線で同じ目標に向かえるように平等に大慈悲を垂れておられるのです。だから広宣流布は常に地球全体感で見られ、日本乃至世界ということを常々仰せなのです。極論から言えば戒壇に拘る必要もなく、広宣流布すれば自動的に建立されるのだから、今から我々が余計な心配をする必要はないよ。」

というような内容の御指導を下さりましたので、私はそれに従っていきたいと思います

気分を害させてしまって申し訳ありません
  • posted by サンジェルマンナイト 
  • URL 
  • 2012.07/06 03:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

また個人的に思うのですが、戒壇建立は決まっている仏事でありますから、広宣流布達成以前から我々が勝手に予想や憧れで決め付けてしまってはならないとも思えてしまいます

かと言ってタブーというわけでもなく、必ず決まっていることですから、触れてはいけないというわけでもないと思います

ただ、私の個人的感想としましては、私の身の回りの殆どの方々が
“一閻浮提広宣流布のちの本門戒壇建立”
という認識を持たれていると思います

これは実境寺の講頭さんを始め、役員幹部の方々も同意見を述べておられましたし、他の寺院の妙相寺さんや開法寺の方々も全く同じ認識をされておられましたから、私としてナチュラルに受け入れ易い論であります

どちらにしましても、一天四海本因妙広宣流布を目標としている今の日蓮正宗は何一つ御遺命違背ではありませんし、その事は顕正会員に堂々と主張していきたいと思います

混乱を避けて非公開にしたことをお許しくださいませ
  • posted by サンジェルマンナイト 
  • URL 
  • 2012.07/06 03:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

サンジェルマンナイトさんへ 

御無沙汰いたしております。

コメントありがとうございます。今しがた起きて確認いたしました。

管理人宛の非公開のコメントにしてくださったようですが、公開されていました…。

おそらく携帯からの投稿ではないでしょうか…。携帯の場合、確認画面になった時点で再度「非公開」を選択しないと、自動的に「公開」に戻されて投稿が反映してしまうようです…。

私も以前に同じ失敗をしましたもので…。

ただ、非常にありがたい内容ですので、サンジェルマンナイトさんさえ御迷惑でなければこのまま公開しておければと思うのですが、いかがでしょうか?御迷惑であれば、非公開のコメントでご連絡を頂けますでしょうか。


なお、内容に関してですが、私も争うことを目的としているわけではございません。また、御宗門を批判しているわけでもありません。

サンジェルマンナイトさんも書かれているように、歴代の猊下様はその時その時の信徒さん方を教導していくために御指南をくださるわけですが、そこに多少の温度差が存在します。

しかしながら、猊下様のおっしゃることですから、必ずそこに一つの共通点、法則というものがあるはずだと私は思います。

それこそがこの法を貫く道理なのだと思うのです。

それが何なのか…。

それを追及して腹に落とし込んでいくことは、自身のためでもあり、またその後の折伏においても必ず役に立っていくことだと私は思うのです。

最終的にはサンジェルマンナイトさんも納得できるような内容になるはずですから、最後まで見ていていただけますでしょうか。

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。


  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.07/06 07:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

やってしまった…

非公開のハズが公開になっておりました

トチローさんが御指摘の通り、パスワードを入れる時にも非公開を選ばないといけないようですね

御迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません

重ね重ね色々な御配慮も頂き、恐縮致します
私も色々と勉強させて頂きますので宜しくお願い致します
  • posted by サンジェルマンナイト 
  • URL 
  • 2012.07/08 02:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

サンジェルマンナイトさんへ 

こんばんは。

私も昨日から本日にかけてお寺に行き、私の考えを御住職様にお話して、再度確認作業をしてまいりました。

それらは少しずつ書いていきますね。

ところで先日の投稿に関して、

>広宣流布すれば誰の抵抗もなく本門戒壇が建立されるだろうと思います
>「一閻浮提の広宣流布最優先、その後の本門戒壇建立」

>日蓮正宗は何一つ御遺命違背ではありませんし、その事は顕正会員に堂々と主張していきたいと思います


これらのサンジェルマンナイトさんのご意見には、私も賛同致します。

また、西川御住職様の御指導も非常に理解出来ます。

その上で、双方の落としどころはどこかという観点で書いていきますので、また寄ってみて下さい。

これから徹夜で作業になりますので、更新は明日以降になるかもしれませんが…。

西川御住職様、講頭様には失礼致しましたと、よろしくお伝え下さいませ。

今後ともよろしくお願い致します。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.07/08 20:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。