顕正会の誤りについて:大聖人様の仏法とは

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大聖人様の仏法とは

最近、顕正会では原発反対運動に力を入れているようですが、どんどん大聖人様の仏法とはかけ離れていっているように思えます。

そこで、初心の顕正会員の方々にも、大聖人様の仏法とは何なのかということを噛み砕いてお伝えできたらと思いました。

平易に書いていきますので気軽に読んでみてください。

そして、現在の顕正会に愛想を尽かしましたら、ぜひともご連絡をくださいませ。



1大聖人様の仏法とは


いきなり壮大なスケールのテーマですが、およそ仏様と呼ばれる方々(大聖人様も仏様ですし、お釈迦様も仏様です。)の願いは、“一切衆生を苦しみから救い出す。”というところにあります。

これを忘れて仏法は無いのです。

顕正会の場合、“国が滅ぶ”ということに一番の主眼をおいているのですが、これもまた本来は“一切衆生を苦しみから救い出す。”というゴールに至る途中の目標であるのです。

たとえば三災七難が起こった場合、その国に住する人々は等しくその苦しみを受けるものです。


ですから、その三災七難自体を回避するためにはどうしたら良いのか…。

この答えが一国広宣流布なのです。

この広宣流布が達成されれば、その国は仏国土となりますから、三災七難は起きえない。されば人々は幸せだ。…と、こういう図式が成り立つ訳です。

この考え方自体はけっして間違いではありません。


ただ、ここで一歩引いて客観的に考えてみましょう。


それでは戦争さえ起こらなければ全員幸せなのでしょうか?好景気であれば皆さんハッピーなのでしょうか?地震や台風が起きなければ何も不安が無いのでしょうか?

違いますよね…。

バブルの時代においても経済苦の方はいたはずです。病気で苦しんでいた方もいるかもしれない。家庭不和で悩んでいる方もいるやもしれない。


そうなんです。一国が総じて苦しむ状況下に無くとも、幸不幸はあるのです。

浄土、穢土、といっても二つの国土が別々に存在しているわけではないのです…。


難しくなったので話を戻します。


顕正会の大きな誤りは、一国という大きな対象に目を奪われるがゆえに個人個人の成仏には目が行き届いていない…、手が回りきっていないというところにあります。

本来ならば、一人一人の仏界を開かしめ、それら仏界を開いた人々が日本全土を覆うようになって初めて国土の安泰が現実のものとなるわけですから、そこに焦点をあてて弘通するべきなのです。戦争や原発を看板に掲げ、民衆の恐怖心をあおり信仰を持たせるのは、はたして大聖人様の御意にかなうものなのでしょうか。

あまりにも次元が違うような気がいたします。


総じて受ける苦しみと共に、個人として受ける苦しみが存在するわけですから、それらすべてに対する解決策が常に提示されていなければなりません。


そして、そのようなあらゆる苦しみから解き放つ方法を説かれたのが、本物の大聖人様の仏法なのであり、それは日蓮正宗にのみ存在するのであります。



顕正会の皆さん、あなた方のやっているのは仏法ごっこであり、大聖人様の仏法ではありません。

一日も早く懺悔して正しく信仰されることをお勧めいたします。




スポンサーサイト

Comment

 

ご無沙汰をしています。

日蓮正宗に帰依して気付いたのは、浅井の講演は仏法と関係ない話が多かったということです。

政治経済や国際情勢などが半分ぐらいを占める時もありました。

歴史の話とか酷かったですね。
浅井自身は歴史に関しては素人なのに、自由主義史観をパクった「仏法史観」とやらを、得意げに語った時は笑ってしまいました(苦笑)

顕正会員は浅井の話はわかりやすいとよく言います。
私も浅井の話はわかりやすいと思います。

しかし、それは浅井が日蓮大聖人の仏法を狭く浅くしか語ってないから、その分わかりやすいのだと思います。

ましてや、政治経済や国際情勢、日本人のプライドをくすぐるような歴史観、そして時流にのった脱原発の話なら、仏法に疎い顕正会員でも聞いていて飽きないし、わかりやすいでしょうね。

 

顕正会は、創価学会と同じ路線を行くかも知れないですね(T_T) 最後は、世界平和を謳って謗法と仲良くし、池田と同じ事をするかも知れません(ToT) 
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.05/06 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ブログを立ち上げました。つまらないかも知れませんが、覗いてみてください(^-^)        http://8253.teacup.com/donsu/bbs 
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.05/07 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありの金吾さんへ 

お久しぶりです。

わたしの知り合いでも、学会や法華講から顕正会に入られた方は、「顕正会の話は分かりやすい。」と言っておられました。

しかし、浅いがゆえの理解のしやすさだったのでしょうね。

今ではそれらの人たちは法華講員に戻られたり、新たに法華講員になられたりしていますよ。

やはり猊下様の御指南を中心にして、御住職様から信仰とは何かを学んでいくのが王道なのだと思います。

また気軽にコメントしてくださいね。


  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.05/10 12:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドンチャンさんへ 

掲示板の開設おめでとうございます。

気軽にかつ安心して書き込める掲示板が無かったので、ドンチャンさんが作ってくださり嬉しいです。

なんだか穏やかな人たちが集まってきているようで、何とも良い雰囲気ですね。

私もちょくちょく利用させていただきますね。

  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.05/10 12:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

浅い故にわかりやすい…なるほど 

確かに仰る通りだと思います。

なぜ浅いのかというと、世間の書籍等の知識を引用しているのですからでしょうね。

僕の場合、自分の読んでる範囲と重なる事が多かったので、ずばっと持っていかれました。

歴史観・国家観などはたやすく在家が云々するものでないと、最近やっと分かり始めました。
  • posted by ポリ銀 
  • URL 
  • 2012.05/10 16:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

御仏智というものを最近とみに感じます。

我々がいくら頭をひねって考えたとしても、仏様の御眼からみたら決してベストな選択では無いということが多々あるような気がします。

結局のところ我々が出来ることは、しっかりと信心して、目の前に出てきたことを丁寧にこなしていくことなんだと思います。

それが遠回りのように見えても一番の早道ではないかと思うのです。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.05/11 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

末法の今、現在は大石寺の南妙法蓮華経しか全てを救済する道はないし、個人の幸せ、安泰もないのであります。

  • posted by JUCKY 
  • URL 
  • 2013.05/14 04:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

JUCKY さんへ 

はじめまして。

今後ともよろしくお願いいたします。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。