顕正会の誤りについて:戒壇の事と義 1(はじめに)

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戒壇の事と義 1(はじめに)

バーズ博士とやら…、もといブリトー君が「ガツンと破す」に関して色々と反論しているようですね。


その中で「戒壇の事と義」に関して書いておりましたが、なかなか勉強されたようで、上手いこと書けていると思いますよ。立てわけの仕方も腹に落とし込めているのではないかと推察しております。


ただ、ごちゃ混ぜにしているのは、御宗門では無く、浅井会長の方でしょ?


というのが、私の意見です。



私のご縁で入信された方々からも要請があり、以前にこれらを整理した文章がありますので、しばらくアップしてみたいと思います。何かの参考になれば幸いです。



まずはじめに、何故このような問題が発生したかということですが、顕正会では日達上人が学会を守るために己義を言い出した…、というようなニュアンスで教え込んでいますが、それはうがった見方でありましょう。


およそ御僧侶というのは、法を聴く衆生の機根を見たうえで話をされます。


聴く者の機根がその内容に耐えられない(むしろ誤解をするようなレベルということ)ものであれば、あえて深くは申されません。ゆえに正本堂の問題以前は深くは説かれていなかったのでしょう。しかしながら、正本堂の問題を契機として、衆生にこれを深く認識せしめる必要性が出てきたがゆえに日達上人は何度も噛み砕いて私たちに御指南くださったのだと私はとらえております。



「広宣流布したとき戒壇の大御本尊様がいらっっしゃるところが事の戒壇である。それ以外はすべからく義の戒壇である。」


この定義は顕正会の折伏理論書に書いてある定義でして、全顕正会員はそのように認識しています。


そして、正本堂の問題が巻き起こる以前は、御登座前の御隠尊猊下をはじめ、宗内の御僧侶方も同じ認識だったようです。(これは日顕上人猊下の御講義で裏がとれます。)それまでは、その認識でも特段問題は無かったため、それでずっと過ごしてきたのだと思います。これをもって浅井会長はこのことを「宗門古来の定義」と名付けておりますが、はたしてそうでしょうか?


話を戻します。たしかに正本堂問題以前においてはそれらの認識が一般的だったのでしょう。しかしながら、正本堂の一件により、更に一歩進めた戒壇の拝し方を宗内僧俗は学ぶ必要が発生致したのです。


そこで日達上人は、御法主という立場から、我々の知らなかった部分までを色々な角度から御指南くださったのです。


今までの認識を打ち破る御指南は、聴く者に動執生疑を起こしめました。まさにお釈迦様が始成正覚を打ち破った時と同じ状況になってしまったわけです。そのまま退転していったのが浅井会長をはじめとする妙信講の人々なのです。


しかし、これは何もいい加減なことを述べられたのでは無く、本当の真実はそこにあるのですが、未だ時では無く、人々の機根も整わないがゆえに、そこまでを仰せにならなかっただけなのでしょう。

そして、正本堂の一件により、いよいよ一歩進めた戒壇の意義を開陳すべき時が来られたと判断されて、日達上人は我々に御指南くださったと私は思います。


話は戻りますが、折伏理論書の記述には、このように間違いでは無いが部分的な解釈しか述べられていないものや、ポイントがズレて記述されているものが多々あります。

それによってズレた解釈をしてしまっている顕正会員が非常に多いのです。


たとえば依正不二の解釈などは、「類は友を呼ぶ」との意だと思っている方々が殆どだと思います。


しかし、一念三千の原理を正しく認識すると、それはピントがズレていることに気がつくのです。

長くなりましたが、そういった訳ですので、牛のような歩みになるかと思いますが、「戒壇の事と義」について一つずつ検証していきましょう。


なお、あくまでも私が現時点で認識している内容を書いていきますので、それ自体が未だ足りない部分も多々あるかと思います。


そういった部分は、是非とも各所属寺院の御住職様に御指導を仰がれて、私の言うことは鵜呑みにはしないで下さると助かります。





なお、これからの文章は既に予約投稿にしてありますので、途中コメントをいただいても、お返事する前に記事がアップされてしまうこともあるかとは思いますが、なにとぞご了承ください。


スポンサーサイト

Comment

 

酔ってるもんで、すいませんm(_ _)m  最初は、正本堂を認めて浅井は御開扉を受けたかった訳ですよね?(^-^) 実際に何回も受けてますし、浅井の言う事は、事後相違だらけと言う事ですよ(T_T) 金になれば何でも、いいんすわ(ToT)
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.02/18 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドンチャンさんへ 

こんにちは。

私は本日休みなもので、朝から飲んでます…。酔ってるもんですいません…。(笑)

私は仕事が無い日は寝覚めのコーヒーならぬ、寝覚めの一杯をひっかけてしまいますもので…、奥さんはアル中になるのを心配して、「何でも良いから仕事して!」と言っております…。

こんな私でも入信した当初はお酒が自然と飲みたくなくなり、3年強ほど断酒をした時期があるんですよ。初信の功徳ですかね。

その後は「酒でも飲んでなきゃやってられるか!」なんてことになりまして、元の生活に戻りました。人によっては「そっちの方が人間らしくいいじゃん!」とほめてくださるのですが…。

いかん、酔って舌が滑らかになりすぎてます…。

さて本題です。

顕正会の正本堂に対する認識は大きく分けて四つの区切りに分類されます。

1.昭和45年以前は「正本堂は御宝蔵の延長線上より一歩抜きんでた戒壇と認識し、御供養を募ったが、それが誤りだと考え直して御宗門に意見をした時代。

2.昭和45~昭和46年は、御宗門が広宣流布は未来のことであると宣明し、それによって何も御宗門に対する異議を唱えることもなくなった時代。

3.昭和47年初め~昭和47年終わりにかけては訓諭に対して文句をつけ、敵対していた時代。

4.昭和48年~昭和49年は、何も異議がなくなったがゆえ、御開扉を申請したが許可されず、そのまま暴走して破門にいたる時代。


この2と4は顕正会としては会員にあまり知られたくない時期なんですよ。あくまでも終始一貫して御宗門と学会とは敵対関係にあったとしたいのでしょう。会員に憎しみを植え付けるためには、そするのがベストなのでしょうね。

しかし、昭和45年10月25日と、昭和46年8月26日に妙信講は御開扉をうけており、昭和48年、昭和49年には御開扉の申請をしております。

つまり、これらの時期は問題は全てリセットされていたということでもあるのです。

その点を顕正会員さんには知ってもらいたいですよね。



Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。