顕正会の誤りについて:六千万人?

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六千万人?

山門入り口さんのブログで総幹部会の浅井会長の講演を読みました。


「私はいま思っております――。
たとえ政治家がこの大事を理解できなくても、宗門僧侶が国立戒壇の御遺命に背き続けようとも、構わない。
日本国民の六千万人が地涌の菩薩の魂にめざめればいいのです。
国民過半数の六千万人が国立戒壇建立を熱願すれば、事は決する。日本は救われる。」


何を馬鹿な事を言っているのでしょうか。


山門入り口さんも仰っておりましたが、これでは正本堂建立時の民衆立と何ら変わらないではありませんか。


政治家が理解していないなら、王臣一同にの御金言は虚しいものになります。


御宗門を無視するなら、弘宣附嘱も伝持附嘱も元より必要無いではありませんか。


更に言うならば、実質的な為政者としての力は剥奪されたとしても、日本古来からの大王(おおきみ)たる天皇陛下の存在を全く無視しているではありませんか。


確かに国会を動かすだけの人間が集まれば、形だけは整うことでありましょう。


しかしながら、国主たる物の正法護持による依正不二の原理からの国土安寧、並びに国主としての権限を考慮した上での守護附嘱の御指南、これらを一切無視しているのが、今回の浅井発言でありましょう。


大聖人様の定め置かれた正法治国の方程式を根底から忘れ去っている顕正会は、既に邪宗と何ら変わりはないということですね。



スポンサーサイト

Comment

 

どこが富士の地下水に到達する教学の持ち主なのでしょうか(T_T) ただ自分の都合の良い部分を切り文しているだけじゃないですか(T_T) 無知な会員を散々騙して、全日本国民を救うなど言ってますが片腹いたいですよ!(ToT)
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.01/13 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これでもはや、「学会・宗門は日本人口の3分の1が入信すれば広宣流布と言った!」と非難することはできなくなりましたね(苦笑)
浅井センセーもついにボケてきたのでしょうか?

>更に言うならば、実質的な為政者としての力は剥奪されたとしても、日本古来からの大王(おおきみ)たる天皇陛下の存在を全く無視しているではありませんか。

現在の天皇は政治的には実権がありません。
日本の実質的な最高指導者は総理大臣ですが、しかし総理大臣を任命するのは実は天皇なのです。
国会で指名された政治家を、形式的とはいえ、総理大臣に任命するのは天皇です。

日本の最高権威者である天皇が任命することで、総理大臣は日本における最高の政治権力を保証されていると言えるのではないでしょうか?

同じことが武家政権にも言えます。
承久の乱の後は、武家政権と天皇の上下関係は逆転しました。
しかし、武家政権における最高の政治権力者である征夷大将軍は、天皇が任命していました。

天皇を上回る権力者であった征夷大将軍も、日本の社会が政治的に混乱する時代になるとその権力を失い、それに代わって天皇が政治の実権を取り戻すことがありました。
建武の新政と明治維新がそれにあたります。

現在の日本がいくら国民主権で民主主義だといっても、その政治体制は決して永遠のものではなく、体制が崩壊する時代を迎えると、建武の新政や明治維新のように天皇が政治の実権を取り戻すことも充分に可能性があります。

日本の長い歴史を見れば、天皇(大王)の権威を超えた者は存在せず、現在のように天皇の権力が著しく制限されたことがあっても、天皇家は断絶することはありませんでした。

そう考えると、日本においては天皇の権威は永遠と続くものであると考えるのが自然であり、それゆえに広宣流布においても天皇は重要な役割を果たすと個人的には考えています。

ドンチャンさん 

たしかに浅井会長は知識は私たちよりもあるかと思います。

しかし、大事なことを学ばなかったのですよ。

スリハンドクは頭は悪かったかもしれない…、けれども一番大事なことは体得していた。

どちらが成仏できる人材か?

誰しも判断できることですよね。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.01/14 08:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありの金吾さん 

そうなんですよね。

たしかに現在の天皇陛下の権限は、国民の選んだ代表やその政策を承認するだけになってしまっており、天皇陛下が正法を持つことによる心の変化が、直接に国を左右出来うるということでは無くなってしまいました。

それがゆえに、法義の上からは「現在は国民が国主」と捉えることが、最も意に近いと日達上人や御隠尊猊下は御指南下さったのだと思います。

しかし、ありのさんが仰せのように最終的には天皇陛下が承認下さって初めて国の政治は成り立つのであって、逆に考えれば、いくら国民の総意であっても、天皇陛下には拒否する権限もまたあるわけです。

更に、時代はどう変わるかは分からないわけであり、それは御隠尊猊下も明確に仰っています。

したがって、私どもは大聖人様の御金言、御歴代上人の御指南、全てを素直に拝した上で、現在存在する一時の政治形態にとらわれて「こうで無ければならない。」「こうあるべきだ。」と踏み込みすぎる解釈をせずに、どんなに時代が変わろうとも普遍的な解釈の仕方を学んでいく必要があるかと思います。

そういった意味では、次の設問に関する問題なんかは面白いものだと私は考えております。

  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.01/14 08:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

トチロ〜は精神病ですよ 

トチロ〜の書いてる事は全てデタラメです。あなたのブログ、読ませて頂きましたが、浅井先生と全顕正会員は勿論、日蓮大聖人様に対して誹謗中傷だらけで非常に失礼ですね。
私は顕正会は未入信だけど、浅井先生と顕正会員は正しいし、親切で良い人達ばかりで悪い人は1人もいませんよ。
逆に今から入信したい位ですよ。

トチロ〜は今から精神科に行ったらどうかしら。
  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2012.01/14 10:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

通りすがりさんへ 

私を批判するならば、根拠を提示し、その上で論破するべきです。

それも出来ずに単に悪口を並べ立てるのでは、かえって自らの評価を落としますよ。

  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.01/15 04:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

昭和は遠くになりにけり 

僕個人は、国立という言葉は今の日本では本来の意味での、本門戒壇建立の代用とはなりえないと感じています。

国民全てに天照大神の神札を配り、信仰せよと迫るほどの強権政治を行なった大日本帝国としての国立。

失言やプライベートの瑕疵を挙げ足取りされ、一国の政治家や官僚が失脚する時代の国立。

同じ国立ということばであっても、その色合いは全く違います。

国立戒壇に天皇が参詣したとて、国民がそれに感化されるどころか「ファシズムだ!」と、全く違う方向の批判をされかねません。

故に、御宗門では「国立」の表現をおやめになったのでしょうね。決して創価学会の選挙戦に配慮してではなさそうです。池田氏や浅井氏の頭の中ではどうか分かりませんが。

ポリ銀さんへ 

確かにその通りですね。
国民の価値観があまりにも変化しすぎてしまったようです。

どこぞのブログにて私が、

「日蓮正宗は多数決では無い。」

と書いたら、

「ファシズムだ。」

と批判した学会員に同調した法華講員がおりました。

私はこれでもオブラートに包んだ言い方をしたのですがね…。

ある御僧侶はこの発言を聞いて苦笑してましたよ。

法華講員がこの体たらくですからね…。広宣流布はいつの頃になるのやら…。
  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.01/17 21:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。