顕正会の誤りについて:顕正会員との対論について

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕正会員との対論について

自称顕正会員のバーズ博士が何やら吠えているようですね。


アク禁にしたから卑怯だと…。


このお方は相当に病んでいるようです。


携帯から見れるなら、その携帯で投稿すれば良いではないですか。


何を迷う必要がありましょうか。


既に自身の言葉が支離滅裂になっていることに気が付かないとは、何ともお気の毒なことであります。



ただ、「先日の彼との対論の解説をすると言って未だしていない。」とのご指摘はその通りでございますので、少しそれらについて書いてみましょう。


************************




顕正会員の主張というのは概ね浅井会長の書籍をもとにしており、その範疇を超えることはありません。バーズ博士の論もまた同様であります。


浅井会長の書籍に書かれていることが全てであり、それこそが真実だと思いこんでいるのです。


しかしながら、浅井会長の書籍は「…」や、「中略」、そして意図的に前後の文をカットする等々の細工を施して、自身に都合の良い文章にしているのです。


最近は、上記のような断りも入れずに中の文章をバサッと切り捨てて、文章をつなぎ合わせるという乱暴な方法もとっております。



ゆえに、顕正会員が御法主上人のお言葉をとっこに取ってきたならば、必ず原文に当たっていくというのが基本です。


そうすれば、必ず相手の薄汚い意図が見えてまいります。そこを攻めれば良いのです。バーズ博士とやらも結局はその時点で論に詰まり、「先生のご心境を拝する必要があります。」等と逃げをうち、最終的には「以上をもちまして、一連のやりとりはこれで一方的に終了とさせて頂きます。」と逃げ出した訳でございます。


んっ!?彼は一方的に終了宣言したのに、投稿してくる時点でおかしいわけだよな…。(笑)
まぁ良いでしょう、話を続けます。



御宗門の文章は必ず整合性が保たれています。



仮に理解が難しいような事が書かれていたとしても、必ずその後につじつまが合うように説明されております。



なかなか原文が手に入らないという方でも、所属寺院の御住職様に相談されれば、必ず手に入ります。日蓮正宗の御僧侶方というのは、そのような熱心な信徒さんを待っているのです。



御住職様と相談しながら資料を読み込み、そこで理解できない部分があれば、また御住職様に指導を受ける。その積み重ねをすることにより、正しい法の解釈の仕方や、法華講員としてのあり方が身に付いてくるのだと思います。



全国の法華講員の皆様方におかれましては、より御住職様に親近し、麗しい僧俗の関係を根本に頑張ってください。







スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。