顕正会の誤りについて:浅井先生の破折

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井先生の破折

顕正会の今年の試験範囲には「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」が含まれるのか否かは知りませんが、この書を浅井さんの言葉でバッサリ斬ってもらいましょうね…。



先日も紹介した


「だが、これより九ヶ月のちに開かれた第一回正本堂建設委員会における細井管長の説法により、正本堂は突如として“御遺命の戒壇”と、その意義が変更されたのであった


(中略)


この伏線があって、翌年二月十六日の第一回正本堂建設委員会における説法となる。この細井管長の説法は、正本堂を御遺命の戒壇と決定する理由を述べた、最初で唯一の説法であるから、ここにその主要部分を上げる。」


(「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」20~21)


の後に、浅井さんはこう述べております。



「教義上の誤り指摘がこの章の詮ではないから要点のみにとどめるが、この説法の欺瞞は二つある。

一つは、御遺命の「本門寺の本堂」と、百六箇抄の「本門寺本堂」とは、まったく同じものであるにもかかわらず、細井管長はことさら一般信徒の耳なれぬ「本門寺本堂」を強調して、「本門寺の中に戒壇堂を設けるのは間違い」などと云って、本門戒壇の建立を否定している。」



(正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む23~24)



ところが、昭和45年の浅井さんは、


「未来の大本門寺に於ける戒壇の相貌をこの段に明し給う。所謂、本門寺の戒壇は小乗・迹門のそれと異り、特別な戒壇堂を設けるにあらず、大御本尊まします本堂即戒壇なりと。而してこれを証するに百六箇抄の二文を挙げ給う。

 但し、ここに大注意を要す一事あり。猊下の御意を歪曲する者はこの百六箇抄に於ける「本堂」を即いまの正本堂と為す。これ誤りの中の誤りなり、法義の歪曲これより生ず。猊下のここに説き給うはあくまで来来広布の暁に於ける大本門寺の本堂なること文に在って分明なり。」


(富士 139号 31)


と言っているのですね。「猊下の御意を歪曲する者」とまでバシッと言い切っちゃっている…。


当に現在の浅井さんがこの「猊下の御意を歪曲する者」に他ならないのですが…。


顕正会員の皆さん、どうしましょう…。





そして、二つ目は、



「二つには、百六箇抄の「本門寺本堂」とは、当然広宣流布の暁に国家的に建立される「本門寺本堂」すなわち本門戒壇であるのに、細井管長は広布以前に建てた大石寺の正本堂が、あたかもそれに当るかのごとく思わせている。」


(正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む 24)



とのことなんですが、浅井先生!破折お願いいたします!!!



未来大本門寺の本堂に準じて、現在大石寺に於ても御安置は本堂がふさわしき旨をこの段に仰せ給う。但し、ここに仰せの現在の本堂とは即ち時を待ち秘蔵する蔵の意なり。応に知るべし。猊下の仰せは、時来るまでの、大御本尊まします蔵は即ち本堂、すなわち義の戒壇なりと云う事なり。故に本堂御安置の例を御在世に取り給う。更に云く、「御入滅後は御本尊のおわします所が本堂」と。御意明らかなり。」



(富士 139号 32)




おぉ~~~!!!素晴らしいですね。それでは浅井先生、このような邪義を言い出したのはいったいどこの誰なんですかね…。


 「正本堂が事の戒壇である事は、昭和四十年二月十六日の第一回正本堂建設委員会に於ける日達上人の御説法に依って決定された、と学会ではしきりに強調している。」



(富士 139号 30)



なるほど、そうですか…。学会で言っていた邪義なんですね…。



するってえと、



現在の浅井先生はまたまた学会の二番煎じをしているんですね…。




いやはや何とも恥ずかしいものですね。












スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。