顕正会の誤りについて:広宣流布甚だ近し

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広宣流布甚だ近し

昭和40年~昭和45年における宗内の状況としては、戦後の学会の折伏により急激に増大した信徒数をもって広宣流布も間近いとの雰囲気があったのは事実でありましょう。


ゆえに妙信講もまた正本堂の御供養に参加したわけであります。


このような先般の邪義破折班の破折書に対して浅井さんは


『顕正会が正本堂の供養に参加したのは事実である。だがそれは――正本堂を奉安殿の延長として、国立戒壇建立の日まで戒壇の大御本尊を秘蔵厳護し奉る堂宇、すなわち「大御宝蔵」「大奉安殿」として供養に参加したのである。』


と言い訳しておりますが、当時の文書を見ればこれは事実とは違うことは分かります。


『今回総本山に於て御法主上人猊下の御思召によりまして、いよいよ意義重大なる正本堂が建立される事になります。戒旦の大御本尊様が奉安殿よりお出まし遊ばされるのであります。この宗門全体の重大な慶事に、妙信講も宗門の一翼として講中の全力を挙げ真心を込めて猊下に御供養をさせて頂く事になりました。実に日蓮正宗の生命は大聖人出世の御本懐であらせられる戒旦の大御本尊様にましますのであります。この大御本尊は大聖人様より日興上人へ御付属せられて以来広布の時を待って歴代の御法主上人によって厳護せられて来たのであります。今までの七百年はひたすら時を待たれて御宝蔵の奥深く秘せられて参りました。唯そのスキマもる光を拝して一部の宿縁深厚なる信者が許されて猊下より内拝を賜っていたのであります。その御本尊様がいよいよ時を得て除々(ママ)に大衆の中に御出ましになる。御宝蔵より奉安殿へ、更に猊下の深い御思召により大客殿の奥深き正本堂へとお出ましになるのであります。その深い意義は凡下の我々のみだりに窺がう所に非ずとはいえ、容易ならぬ事であります。いよいよ大衆の中に人類の中にその御姿を除々(ママ)におあらわしになる。私共はこの猊下の御思召に同心し奉ってたとえ微力たりとも赤誠を奉りたい。先生は千載一遇のお山への御奉公だと申されております。全講を挙げて歓喜の御供養をさせて頂こうではありませんか。(富士昭和四十年七月号八頁)


この青字の部分は広宣流布以前の姿を表している表現です。一方で赤字は広宣流布後の表現なのです。


顕正会の方々にはピンと来ないかもしれませんが、これは昨年の御大会式の浅井さんの講演を見ても理解できるかと思います。


戒壇の大御本尊様国立戒壇にお出まし

「其父聞子、悉已得差、尋便来帰、咸使見之」
(其の父、子悉く已に差ゆるを聞き、尋いで便ち来り帰り、咸く之に見えしむ)とは


 日本国の一切衆生ことごとく恋慕渇仰するを見て、このとき、日蓮大聖人の御魂たる本門戒壇の大御本尊は、いよいよ国立戒壇にお出ましになり、日本国の一切衆生にその御姿を見せて下さる――ということであります。』

(顕正新聞平成25年11月15日号)


まぁ、この寿量品の解釈はトンチンカンな解釈ではあるが…、その破折は後日に譲るとして、今はこの赤字を注目していただきたい。まさに広宣流布後の表現がこれなのであります。大衆の中にその姿を表すという表現自体が広宣流布したということなのであり、上記緑の部分で多少の戸惑いが見えるにせよ、広宣流布甚だ近しという認識を浅井さんも持っていたということなのであります。




このような当時の背景があったことを前提にして検証していかなくては、真実の姿は見えてこないということです。






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。