顕正会の誤りについて:偽善者(浅井さん)の独り言

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽善者(浅井さん)の独り言

山門さんのアップしてくださった顕正新聞10月5日号を読んだのですが…。








『さて、私はテレビでこの「押しかけるぞ」という言葉を聞いたとき、「どこかで聞いたセリフだなあ」と思った。そして思い出した。』













「そうだ!ワシのセリフだ!!!」(汗)

















ワシは以前、妙観講の大草さんに電話で、「そのうち男子部を派遣してやる。」「息の根を止めてやる。」「逃げるでないぞ。」と大声で怒鳴りまくったのです。





これを脅迫と言うのです。






http://www.youtube.com/watch?v=ejZyYuyPBCU












顕正会の諸君、よくおぼえておきたまえ。(笑)








****************************




何のことか分からない顕正会員の方々に少々説明いたしましょう。





浅井会長は平成元年2月に妙観講の大草講頭に電話で上記のように脅しをかけているのです。それは上記URLの音声で確認は出来ます。







そのうえで一週間後には実際に顕正会男子部を妙観講本部へと送り込んで逮捕者まで出しているわけです。







そのような事実が過去にあったことを忘れたのか…、はたまた既に当時のことを知っている会員はいないとたかをくくったのかは分かりませんが、今回の家宅捜索に関連して、先日話題になったI氏を引き合いに出した上で




「相手の幸せを願って法を勧める顕正会員が、どうしてこんなヤクザのようなことを言いますか。言う必要もない。」まさに警視庁の『でっち上げ』なのであります。」






と言い切ってしまったのです。






なんとも破廉恥で、なんと厚かましいのでしょうか…。







まさに浅井会長こそ偽善者ではないでしょうか。







「善人面した悪党」とは、浅井会長のことを言うのではないでしょうか。







そして、そのような指導者に率いられている顕正会員が、浅井会長の背中を見て右へならえすることは誰しも簡単に想像の付くものでございましょう。





善良なる顕正会員の皆さん、顕正会を離れるのは今でしょ!?








是非冷静に判断してくださいね。




























スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。