顕正会の誤りについて:顕正会の折伏観

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕正会の折伏観

顕正会ではなぜこのように折伏における事故が多発するのかと言えば、彼らが浅井会長から教えられている「折伏」の定義にいささか問題があるのです。


まずは顕正会員のバイブルともいえる折伏理論書から見ていきましょう。


****************************

理論闘争ではない



 また折伏は理論闘争ではない。生活に則して罰と利益を認識させ、仏法を実践せしむるのが目的であるから、いたずらに議論のための議論に終始してはならない。



 まして相手と対等の立場に立って興奮したり、感情的になって相争うようなことがあってはならない。あくまでも仏の御使いとして、一段高い慈悲の立場に立つべきである




 大聖人はもったいなくも、我等末弟の仏法上の位を、四味三教の極位ならびに爾前の円人に超過するだけでなく、諸宗の元祖に勝出すること百千万億倍であると仰せられ、さらに


 「請う、国中の諸人、我が末弟等を軽ずる事勿れ、……天子の襁褓に纏れ、大竜の始めて生ずるが如し、蔑如すること勿れ、蔑如すること勿れ」(四信五品抄)


 とまで仰せ下されている。どうしてこのような高い位を許し給うのか、それは、たとえ智解はなくとも三大秘法をたもち、仏様の使いとして折伏を行ずるがゆえである。忘れても、三重の大衆と対等の立場に立って相争うようなことがあってはならない。


 また折伏に当って、いたずらに大声を出して威したり、粗暴な態度をしてほならぬ。非常識な言動は、かえって法を下げることになる。



 「雑言・強言・自讃気なる体、人目に見すべからず、浅援しき事なるべし」(教行証御書)と。


ただし、仏法をあなずる者に対しては、師子王の気塊を以てその騒慢を打ち砕かねばならぬ。また仏法の邪正を決する法論等においては、「法華経と申す大梵王の位にて、民とも下し鬼畜なんどと下しても、其の過有らんやと意得て宗論すべし」(教行証御書)との仰せのままに、大声叱咤して邪法を破折する気塊を持たねばならない。



折伏には徒労がない



 折伏には徒労ということがない。相手が素直に入信すればこれほどの喜びはないが、たとえ反対しようとも、逆縁下種といって、相手の生命にはすでに仏種が下されたことになり、いつかは正法にめざめて成仏するのである。

 「当世の人、何となくとも法華経に背く夫に依りて地獄に墜ちん事疑なき故に、とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、誘ぜん者は毒鼓の緑となって仏になるべきなり」(法華初心成仏抄)と。


 この仰せのごとく、順逆二線ともに折伏で救い切るとの確信に立って、あせることなく胸を張って堂々の折伏を行じようではないか
 

(日蓮大聖人の仏法 改訂版 86~88ページ)


****************************



青字の部分は何ら問題が無い…、むしろ御宗門でも指導されているような内容とも言えます。


この青字の部分だけを純粋に守って折伏していくならば、家宅捜索を受けるような体たらくには陥らないのです。


しかしながら、赤字で抜いた部分が問題なんです。


心構えとしては師子王の如くの気迫を持つことは重要です。しかしながら、それがそのまま言動につながってはならない…。


沸々と湧き上がる闘志を胸に秘めろというならば、それはそれで良いのですが、顕正会員はこの文章を拡大解釈して、「逆縁のものに対しては、大声で相手を威嚇しても良い。」「相手を脅して恐怖に陥れても良い。」と捉えているのではないでしょうか。


青字の部分と赤字の部分では全く正反対のことを説かれております。結局のところ、現場サイドでのそれぞれの判断に任せるといったところでしょうが、水は低きに流れるという道理のとおり、現場に任せっぱなしにしておれば、やがては何でもかんでも強引に押し切ればよいとの品の無い行動になってしまうものです。


こういった部分に顕正会問題の発生原因があると私は思うのです。







スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。