顕正会の誤りについて:入信へ 1

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入信へ 1

それは、一月下旬の良く晴れた寒い日でした。



私は自分の班員さんであるK君の家へと急いでいました。K君は一年ほど前から顕正会に入り、私の班員さんとなっていましたが、波のある性格で、やるときは怒濤のごとく折伏をするのですが、一旦やる気が無くなるとさっぱり動かない人なのです。しかし、彼のバイタリティーは並はずれており、必ずや将来の戦力たる人物なのです。けれども、顕正会の幹部はそんな彼を潰してしまった…。



また、彼は現在の顕正会のやり方にも疑問を抱いておりました。顕正会の幹部からは世間法で推し量るなとお叱りを受けそうですが、顕正会という狭い世界の中でしか通用しない数々の世間の常識とはかけ離れた、幹部の言動、顕正会の風潮に私と同じく嫌気がさしていた人物でもありました。



私は理想の組織を作るためには、まず彼の力が必要だと思い、現在の私の思いを直接話し、協力を取り付けるつもりで彼に会いに行ったのです。





約束の時間まで余裕のあった私は大石寺へと向かいました。その日はK君とも顔なじみの顕正会の女性を同行しておりました。その子も顕正会に入ってまだ一年半くらいであったのですが、毎日真面目に勤行はしているものの、大石寺とはどういった所か見たことがなかったのです。よって戒壇の大御本尊様が御安置されている大石寺を見学させるために立ち寄ったのです。



本来遙拝勤行とは、正式に御授戒や勧誡を受けた方が、御本尊様を御安置するまでの暫定的な勤行の仕方でございます。つまり、当然の如く大石寺には登山参詣(御開扉を受けているということ。)していることも視野に入れての方法だと私は個人的には思っております。(勿論、入信したてや、お体が悪くて登山参詣出来ない方もいらっしゃることでしょうが、その方々においてはいずれ早い時期に登山参詣しましょうね。とご指導があるはずです。)



ゆえに、日蓮正宗信徒においてはたとえ内得信仰の方であっても、大石寺の様子や戒壇の大御本尊様のお姿は勤行時に心に明確に思い浮かべることが出来るのです。



しかし、顕正会員にはそれすら出来ない…。そこに大いなる矛盾を感じていたわけです。したがって、顕正会に入ってきた方々で、“これは人材になるぞ!”と思われる人達を私は顕正会入会直後から、事あるごとに大石寺に案内していたのです。(これを聞いた塔中の先輩法華講員さん達は皆さん感心しておりました。顕正会サイドでは大いなる裏切りものでありましょうが…。)




さて、話を本題に戻します。



車を三門横の駐車場にとめ、参道を上がっていき、御影堂の前まで来たときでした…、



突然背後より声をかけられました…。振り返ってみると・・・・・・・・・・・














なんと、なんと、な~~~~~んと・・・・・・・・・・・・・・・・・














お坊さんだったのです…。























ゲロゲロ~~~~~~~~!





















私は内心、相当動揺しましたが、その気持ちを悟られまいとして、努めて明るく、そしてな~んのやましい気持ちはありませ~ん!!という風を装って対応いたしました。あくまでも顕正会員だと悟られぬよう…。




ここで顕正会員だなんてばれたら、坊さん連中に囲まれてボコボコに袋だたきにあってしまう…。お坊さんを袋だたきにしたのが“狸祭り事件”だったから、逆にお坊さんが信徒を袋だたきにしたら“狐祭り事件”とでも名前が付いてしまうのだろうか…。とにかく危険だ…。ここはとにかくテキトーに身分を隠してしまおう…。そしてこの窮地から早く脱出したい!という気持ちで一杯でございました。




またその一方で始めは、憎き御遺命破壊の手先の話なんぞ聞くのもおぞましい!という気持ちもまた強かったのですが、「日蓮正宗の僧侶の話を直接聞く機会なんぞ、そうそうあることでもないし…、まぁ一生に一度くらい聞いてやってもいいかな?いい経験になるかもしれないな。まぁ、どこかで醜くボロを出しやがるんじゃないかな…。それを見極めてやろうじゃないか!」な~んて気持ちが変化していったのです。




そして、私は全くの一般人のふりをして、御住職のお話をフムフムと聞き出したのです。




勿論、私が顕正会員だということはふせているので、ご住職様のお話は対一般人向けの内容でした。まず、身延と正宗の違い、戒壇の大御本尊様の事、成仏に関すること等々、我々顕正会員が折伏するときとほぼ同じ事を話しておられました。先日も書いたように、私は内心斜に構えて聞いておりましたので、何か間違った事を言うんじゃないかとワクワクしながら待っていたのですが、何も間違ったことは言いませんでした。(日蓮正宗の指導教師だから、当たり前のことですね…。今考えれば…。というより、逆に考えれば顕正会での教学ってのも殆ど間違っていないってことになるのかな?)




要するに、顕正会で教えられていたことと大筋は変わらないのです。




ただし、その時の御住職様のお話の中で3点程、強く心に引っかかる部分がありました。そして、それがどうしても心から離れなくなり、私はこの3点については家に帰ってから、じっくりと再考するべきであるな、と感じたのであります。



その3点とは…、





1 血脈の大事

2 御遺命は生きている(宗門でも広宣流布、およびその後の本門寺の戒壇建立を目指しているという事実)

3 文の意を知るということ




以上の点が我々顕正会員には知らされていない事、勘違いしていることではないか?と、そのとき強く思ったのです。



そして、私は急いで家に帰り、顕正会の書籍をかたっぱしから読み直し、かつ少ないですが我が家にあった御宗門の書籍をひっくり返して検討に入ったのです。



結果、顕正会の誤りが次から次へとわかり・・・・・・・・・、そして、私は数日後そのご住職様に電話をし、自分の身分を明かし、晴れて日蓮正宗への入信といたったのであります。




****************************




管理人“トチロ~”への連絡は左上のメールフォームからお願いいたします。携帯の方はコメント覧の私の名前をクリックして頂ければ、メールが届きます。




スポンサーサイト

Comment

連絡先です。 

携帯の方は、↓のトチロ~をクリックしてください。私宛にメールが出せます。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。