顕正会の誤りについて:大奥

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥

江戸時代には大奥という場所があったそうですね。



将軍様の身の回りのお世話をする女性達が集まっていた場所ですね。



そこにおける出世する条件というのが、



一、引き。二、運。三、器量。



だったと言われております。



一番大事だと思える器量は三番目なんですよね。


器量よりも運が必要、そして運よりも「上からの引き上げ」が何よりも不可欠だということです。


これって大奥に限らず、世間においても同じだと私は最近つくづく感じる次第です。



上の世界に引っ張り上げてくれる人、より良い環境に手を引いて下さる人、そういう人が必要ですし、またそういう人は必ず身の回りにいるものなんです。



なんでそういう人が現れないのか?



それは自分自身に魅力がないから、そういう方が名乗り出てこないのですよね…。



先ずは自分が声をかけられる魅力ある人間になること。



これが全てのスタートだと思うのです。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。