顕正会の誤りについて:事中の「事」「義」

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事中の「事」「義」

そもそもこの臨時時局懇談会における日達上人の御説法とは、“戒壇の大御本尊様の御在所は法体に約して事である”ということを御説明あそばされているのです。



顕正会の皆さんは基本にかえって考えたことは無いのかもしれませんが、日寛上人が三大秘法開合の相を御指南されたのも、全ては戒壇の大御本尊様という一大秘法を開いていったわけです。



その中で「事」だ「義」だといっても、それらは“事中の「事」であり、事中の「義」である。”のです。



日達上人は、それらの「事中の事」も「事中の義」も含んだところの、法体の事とは何ぞやということを御指南されているのですね。




この日寛上人が依義判文抄において取り上げた神力品結要付嘱の文とは、釈尊より上行菩薩に対する本尊付嘱を、文底法門の上から三大秘法の根拠として開いて解釈していったものであり、逆に三大秘法を閉じて一大秘法とさかのぼるならば、戒壇の大御本尊様そのものになるわけです。




そしてそれこそが結要付嘱の正体であり、全ては戒壇の大御本尊様そのものに具わるところの本門の本尊、本門の題目、本門の戒壇を日寛上人は御説明されているのが、この依義判文抄、神力品結要付嘱の部分であるということです。




日寛上人が仰せになられたかったのは、“戒壇の大御本尊様所住の処が、そのまま本門の戒壇になるのだ。”ということであり、その延長線上に“仏の住所には塔を建てて供養するべきであるから、実際に戒壇堂を建立したとき、それこそが正真正銘の本門事の戒壇となるのである。”といったことなんです。




ようは、日寛上人の御指南は全て戒壇の大御本尊様の住所一点を指し、「事」だ「義」だと説明を展開されるわけであり、日達上人はそれらを全てひっくるめて、そもそも「事」だ「義」だとは言っても「本門の戒壇」というのは大御本尊様の御在所であり、そこに詣でて信をもって拝するところに本門の戒壇の意義が存するのである。戒壇堂という建物が建立される以前においても戒壇の大御本尊様の御在所は本門の戒壇であり、即身成仏の本懐を遂げていく場である。




すなわち、戒壇の大御本尊存する以上、広宣流布以前で戒壇堂これ無しといえども、その場は即身成仏を遂げていける唯一の戒壇、「本門事の戒壇」と拝するのが当宗の法解釈なのである。ということを仰せになっているのですね。




これは、


「未だ時至らざる故に直に事の戒壇之なしと雖も既に本門の戒壇の御本尊在す上は其の住処は即戒壇也。本尊に打ち向かひ、戒壇の地に住して、南無妙法蓮華経と唱る則は本門の題目也。志有ん人は登山して拝し給え』


(寿量演説抄)(歴全4ー145)



との日寛上人の仰せにいささかも違わないものでございます。




その大事な部分…、戒壇の大御本尊様の御在所だから本門の戒壇にあたるのだということを、結要付嘱の正体といった面から逆に切り込んでいかれたのが、日達上人の臨時時局懇談会における御説法なのです。









スポンサーサイト

Comment

あっ!! 

そうか!
スッキリしたような気持ちです。
  • posted by ゆきみ 
  • URL 
  • 2013.04/17 15:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆきみさんへ 

分かって頂けましたか!嬉しいです!


今朝方、御住職様と結要付嘱について電話でお話したんですが…、


「トチロ~さん、それって難しすぎやしませんか?確かに大事な部分なんですがね…。」


「はい、99%理解不能だと思います。」


ってな会話をしたばかりでしたので、本当に嬉しいです。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。