顕正会の誤りについて:桜の花

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の花

私の住んでいる地域では桜の花も既にピークは過ぎてしまったようですが、毎年桜の花を見るたびに私は感じることがございます。


まさにこの桜の花こそ私たちの信仰の意味を示しているのではないかと…。



そもそも大聖人様の仏法とは、


「み~~んな幸せになれるんだよ。誰でもね、幸せになれる種は胸の中に持って生まれてくるんだよ。それに気が付かないから不幸なんだよ。それじゃあ、どうすれば良いかって?じゃあ、それを教えてあげるね。」


ってな具合なんだと私は思うわけです。




それじゃあ、桜の花って何を表しているの?って疑問が湧いてくるでしょ?




桜の木は、春になると美しく立派な花を咲かせ、私たちの目を楽しませてくれますよね。


しかしながら、その季節を過ぎればどこにもその花の片鱗も見あたりません。枝を切ってみても、土から引っこ抜いても、綺麗なピンクの花は見当たらないのです。


しかし、春になると必ず美しい花を咲かせるのです。


ここが大事なんですよ。




これは、桜の木自体に春になれば美しい花を咲かせるという性質が内在しているんですよね。目には見えないけど、そいう性質は必ず持っているんですよ。だから日本人はたった1~2週間の花見のために1年間大事に大事に桜の木を育てるのですよね。目には見えなくても、そいう性質があることをみ~~~んな知っているだよね。


桜の木は、寒い冬を乗り越え、日差しが柔らかくなり、陽気がポカポカと暖かくなってくると、それが縁となり、つぼみを膨らませ、やがて綺麗な花を枝いっぱいに咲かせます。


この春の陽気という縁が大事なのです。


実は私たちの成仏もまた同じなのですよ。


桜の木が綺麗な花を咲かせる資質を内在しているように、私たちの胸の中にも仏様と同じような境涯になれる仏界が冥伏しているのです。桜の花と同じく目には見えませんけどね、これはやっぱりあるんですよ。ですからね、それを引っ張り出してやることが大事なの。



じゃ、どうすんのか…。




これはね、桜の木が春の陽気を縁として花を咲かせるように、私たちも仏界を開く為には縁が必要なのですね。




この仏界を開く縁となるのが、実は御本尊様なんですね。





これはすっごく大事なことですから、先ずはこれを頭に叩き込んでくださいね。



スポンサーサイト

Comment

桜の花 

>この仏界を開く縁となるのが、実は御本尊様なんですね。


トチロ~さん、これが一番ですね。

でも、本物に限りますよね(笑)

宗門にきて、本物の御本尊様に向かって勤行・唱題すると、本当に心の安定感・安心感が違います。

顕正会に居ると、不安は状態がずっと続きますから(笑)

 

この度のブログはとっても分かりやすくって、あーそうなんだ!と感じました。

御戒壇様を信心の根本にしていきます! いつも教えて頂けてありがたいです。
  • posted by ゆきみ 
  • URL 
  • 2013.04/02 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

池上彰流v 

トチロ~さん、こんにちは♪

全ての人に仏界の生命は宿っていて
それが開花するのも「御本尊様の縁」ですね。

桜の季節に素晴らしい教えを有難うございますm(__)m

あ・今回のお話は
池上彰流でしたね(*^^)v
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2013.04/02 15:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

南風さんへ 

先週の総登山における御法主上人猊下の御講義において、祈りの叶う叶わぬは各々の御信心によるべしという御指南がありました。

つまり「仏力」「法力」「信力」「行力」の四力のうち、「仏力」「法力」は既に御本尊様に備わっておられる、あとの「信力」「行力」を各自が出せるか否かが問題なのである。ということです。

私はこの御指南を拝聴したときに、あぁ、これってニセ本尊の件にも当てはまるんではないかと感じたのですね。

猊下様の御指南はこちらの「信心の姿勢」についてスポットを当てられておりますが、仮に異流儀においてニセ本尊を拝んでいたとしても、強く信じ切り、頭から煙が出るほどのお題目をあげていたらどうなるのか…?ようは、「信力」「行力」において不足の無い状態であるならば、祈りは叶うのか?ってことです。

結局のところ、それでも答えは「NO]です。

ニセ本尊には「仏力」「法力」は具わっていないのですから。

そういった観点からも、日淳上人の以下の御指南を我々は今一度かみしめるべきなんでしょうね。

****************************

「批判に於て尤も焦点とすべきは宗教に於ける本尊の問題である。」

「依て宗教の如何を判断するは此の本尊においてせなければならぬ、即ち本尊が真実正当であるかといふことによらなければならない。」(日淳上人全集122~123ページ)


「而して体系は本尊が根源であり全部である。依て本尊を同じうするか否か此れに於て一切を決して破邪顕正論争をつくさねばならぬ。徒らなる妥協は信心に住するものの節操ではない。」(日淳上人全集119ページ)



ゆきみさんへ 

分かり易かったですか、ありがとうございます。

御戒壇様の話が出ましたので今度は御本尊様を桜の木に例えますとね、戒壇の大御本尊様はゆきみさんも仰られるように「根本」でしょう?

まさに桜の木の根っこであり、幹なんですよ。

一方で各寺院の御本尊様や各家庭の御本尊様は日寛上人も申されるように「枝流」、つまりその桜の木の「枝」であり、「葉っぱ」なんですよね。

どんなに桜のお花が綺麗だからと言って、その枝を折って我が家の花瓶に挿しておけば、やがてそれは枯れてしまいます。二度と花は咲かせません。

戒壇の大御本尊様と御法主上人猊下から離れるということはそういうことなんです。

仮に御本尊様が本物でも、その御本尊様で仏界を開くことは出来なくなるのですよ。

それを異流儀の方々には知っていただきたいものですね。


さくらさんへ 

池上彰さんのお話がなにゆえ分かり易いかと言えば、御自身がその件について調べて理解したプロセスを話すからなんだと、どこかで聞いた覚えがあります。

一方でアインシュタインは数学の成績が悪かった…。なぜか…?

それは彼は天才ですから、一瞬にして答えが頭の中に浮かんでしまい、その答えに至るプロセスというものを他の人に説明できなかったからだと聞いております。

そういった意味からは、私は物事をあまりにも知らないものですから、色々とお勉強もしなくてはいけませんし、そこで自分なりに理解したところをお話しできるネタはたくさんあるのですが…。

どうにも強引な解釈もありますので、面白い話だな…程度でおさめてください。(汗)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。