顕正会の誤りについて:俗衆増上慢

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俗衆増上慢

 次の「諸の無智の人の、悪口罵詈等し、及び刀杖を加ふる者有らん、我等皆当に思ぶべし」という文は何を示しておるかといいますと、別して三類の強敵を明かすなか、第一の俗衆増上慢を指摘されるのです。つまり、法華経を弘める人に対して起こってくるところの強敵に三類あるうちの第一番目であります。


 これは、在俗の「諸の無智の人」が法華経の行者に対して色々と悪口を言う。それから「罵詈」というのは、両字とも「ののしる」という意味で、法華経を正しく持つことによって、罵り、謗られるということです。


 それはなぜかといいますと、これはあとからも出てきますけれども、法華経をどこまでも正しく説かんがためには、釈尊の教えのなかで、法華経の法を中心として、きちっと教と行と理と人についてけじめをつける必要があるからです。そして、そのけじめをつけようといたしますと、間違った師により誤った教えに執われている人々に対し、「これは違っておりますから謗法ですよ」ということを言わなければなりません。したがって、その正義に基づく指摘に対し、瞋り狂って怨みを結び、敵になる者どもが現れてくるのです


 今日の創価学会も、正しい日蓮正宗の僧俗に対して敵になっております。あれなども意味としては、法を正しく立てて護っている僧俗に対して、邪悪な心により敵になって現れてきておるということは、三類の強敵の形の一分として現れておることは間違いありません。特に職業幹部以外の一般会員などは、まさに「諸の無智の人」に当たります。なぜ無智かと言いますと、みんな一往、智慧はあるわけで、つまり、毎日の生活で必要な智慧はたいていの人が持っているわけであります。


 けれども、私がいつも申し上げるところの、この「無智」という意味は、自分で根本的な意味での善悪の判断のできない人間を言うのです。
そして、誤り狂った池田如き者の意志により、巧みに情報を操作された上で色々と教えられ、それをみんな真実だと考えてしまう者、いわゆる自分で本当の善悪のけじめをつけることのできない人間が「無智」なのです。


 大聖人様の時代が、やはりそうなのです。あのころ、多くの人間が上の者からけしかけられて、日本中の者が「日蓮という坊主は、我等が信ずる阿弥陀仏をけなし、地獄に堕ちると言う、悪い坊主だ」というように思い込んでしまっておったわけです。


 「日蓮はさせる妻子をも帯せず、魚鳥をも服せず、只法華経を弘めんとする失によりて、妻子を帯せずして犯僧の名四海に満ち、螻蟻をも殺さゞれども悪名に弥れり」(平成新編御書二六六ページ)


と御書にあるでしょう。大聖人様は妻子を全くお持ちにならなかったけれども、「犯僧」すなわち、戒律を犯しておるところの僧であるというようなことで悪口を言う。そうすると、大聖人様の真実のお姿を知らない人間は口から口へ宣伝して、みんながそのように思ってしまうわけです。


 そして結局、自分自身では善悪の判断がつかず、人から聞いたことをそのまま、直ちに信じてしまうのです。もっとも、今はそういう在り方が普通であるかのようになっておりますけれども、これがやはり末法濁悪、いわゆる「恐怖」の世の中なのです。つまり、そういう「無智の人」が「悪口罵詈」等をするということです。




 さらに、口で悪口を言うだけでなく、刀の難、杖の難が起こってくるというのが、次の「刀杖を加ふる者有らん」の文です。


 その経文の如く、大聖人様は現実にあらゆる難にお値いになりました。文永元年の十一月に起こった房州小松原の法難においては、地頭である東条左衛門尉景信等、数百人に囲まれて斬りつけられ、弓で射られて、鏡忍房という弟子は即座に斬り殺され、工藤吉隆という御信者も殉死されました。しかしながら、大聖人様だけは不思議にも殺すことができなかったのであります。


 また、文永八年には、佐渡に流罪ということが決まりながらも、その内実、夜の夜中に鎌倉幕府の役所から大聖人様を引き出したわけです。夜の夜中に引き出すということは、普通はありえないことです。しかし、御書を拝すると、真夜中に引き出されたことは明らかであります。そして、当時の刑場であった竜口に引いていって、夜陰に乗じて大聖人様のお頸を切ってしまおうとしたわけです。しかし、その時も不思議なことにお頸を切ることができませんでした。すなわち、江ノ島のほうから大きな光り物が飛んできて、そのまぶしさに太刀取りの目が眩み、倒れ伏したというのですが、それはまさしく刀を抜いて頸を切らんとした時なのです。


 この竜口の法難と小松原の法難が刀の難の代表的な大難と言えますが、杖の難としては、大聖人様が、

 「杖の難には、すでにせうばうにつらをうたれしかども、第五の巻をもてうつ。うつ杖も第五の巻、うたるべしと云ふ経文も五の巻、不思議なる未来記の経文なり」(同一三六○ページ)

と仰せのように、竜口法難に先立って松葉谷の草庵に押し寄せた数百人の兵士と共にその場に来た少輔房によって、勧持品が含まれている法華経第五の巻をもって三度、頭を打ちさいなまれたことが、その代表的な難と言えましょう。


 そのように大聖人様は、刀の難、杖の難、共に受けられておりますが、そういう刀杖の難が起こってきても、経文の如く、「我等皆当に忍ぶべし」と仰せであります。


(大日連 平成8年7月号 28~32ページ)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。