顕正会の誤りについて:メッセージを送られた方へ

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージを送られた方へ

2月22日0時08分、並びに3月4日12時24分に当方にメールフォームを使用してメッセージを送られた「顕正会」「けんしょうかい」を名乗る方へ



お返事を書きましたが、着信拒否をされているようでそちらに送ることが出来ませんでした。


よって、この場にてあなた様のメッセージと、私のお返事を公開いたします。



****************************



□トチロ~様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:顕正会
日付:2013/02/22 00:07:45
件名:顕正会の本尊とは
ホスト:
--------------------------------
顕正会員です。仏法が好きで浄土真宗や禅の本を読んでいました。日蓮に関心があってまた学会が嫌いもあり、入信しています。ただ会の活動はせず月に一度程度勤行に行く程度で折伏はしません、その条件で入信した幽霊会員で異端者です。

顕正会は、大石寺の板曼荼羅を本尊とした信仰であります。
顕正会の正しいのは本尊は板曼荼羅として日々の遥拝勤行しています。本尊がたくさんあるのがおかしい、御法主上人が書写したものはあくまで仮のものであってそれに勤行するのは遥拝の方向の違い?うまく表現できないが、本尊とは板曼荼羅であるべきだ。徳川家康のファンだろうか、徳川家康の自筆の書には価値があるだろう、しかし、徳川家康の子孫に会ったことがある苗字まで徳川のお方だがサインをもしもらっても意味はない。たくさんある本尊の真贋など論ずるよりも、日蓮正宗の信徒は板曼荼羅を遥拝勤行しましょう。唯一の本尊だけでは会の運営として(仮)の本尊が必要であるだけである。やたらたと本尊がたくさんあるなどは、池田大作の折伏ではやらせた信仰でまるで神社のお札の信仰スタイルだろう。
--------------------------------


****************************


□トチロ~様にメールフォームよりメールが送信されました。
--------------------------------
送信者:けんしょうかい
日付:2013/03/04 12:24:11
件名:開目のススメ
ホスト:
--------------------------------
顕正会員です。顕正会員ですが、あまり会について無知ですね、顕正会では本尊とは大石寺の板曼荼羅であって遥拝勤行なわけ個人が本尊を持つ事はありません、そして会館や拠点にあるものは仮の本尊で建物を遥拝方向に向けられない現実から仮の本尊があるわけです。板曼荼羅を唯一の本尊であります。それ以外は“麻三斤”なわけ(曹洞宗)を参照ください。顕正会の基本的な信仰スタイルに無知なことから、あなたは学会員であるだろう、謀略がうまい。仏的として他宗やほかの信仰スタイルを平気で批判する闘争的信仰のようだが、いい加減目を覚ませょ開目したらいいだろう、その対策からメルアドを不明とします。
--------------------------------



****************************

顕正会様



メッセージありがとうございます。

あなたは日蓮正宗の法義にあまり詳しくないようですね…。

日蓮正宗における本尊とは仏様そのものであります。


これは戒壇の大御本尊様は当然のことながら、各寺院の御本尊様、各家庭の御形木御本尊様においてもしかりです。

なにゆえ心を持たない非情たるものが仏と成りうるのかといえば、あなた様が「開目」という表現を使ったのと同様、日蓮正宗には「開眼」(かいげん)という儀式があり、大聖人様と同じ仏様の御内証を所持される御方(御法主上人猊下)においてその非情たる本尊に仏様の魂魄を入れるという過程があるからなんです。


そこにおいては御本尊様になり得る非情の対象が「木」か「紙」かなどという区別はそもそも存在致しません。


批判するなら、もう少しお勉強をしてから出直してください。


なお、当方は学会の経歴は微塵もありません。

平成6年~平成16年まで顕正会に所属し、その後は大石寺の塔中の信徒として信仰している法華講員です。

いつでもお会いして法論致しますので、その気になりましたら日時をご連絡下さいませ。



日蓮正宗総本山大石寺塔中 報恩坊信徒   〇〇〇〇(トチロ~)



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。