顕正会の誤りについて:三類の強敵(はじめに)

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三類の強敵(はじめに)

日蓮正宗の寺院では毎月第二日曜日に御講が執り行われます。


そこでは献膳、読経唱題の後に御住職様から法話が行われますが、私の所属する寺院では数年前から開目抄を講義してくださってます。


あの長い開目抄を始めからやっているわけですね…。


何とも気の遠くなる話なんですが、それもようやくゴールが見えてきまして、最近は三類の強敵の部分を勉強いたしました。



実はこの開目抄の御講義は、御隠尊日顕上人猊下が全国の各お寺に御親修に赴かれた折に数年にわたって講義されたものが大日蓮に残っております。(先般出版された観心本尊抄講話も同じように御講義されたものを抜き出して再販されたものです。)



どうしても時間的に限られた御講の席では、御住職様のお話を完全に消化することが出来ないので、私はその古い大日蓮を引っ張り出して復習したりするのですが、この三類の強敵の部分は非常に理解が進んだものでした。



と言いますのも、この信心は“事を事に行ずる”とよく言われますが、事であるところの正法を事実の上に実践することが何よりも大事なわけでございます。



実際に実践すると、大聖人様が御書に残された通りの現証を体験出来るわけですが、それによってより確信が深まるとともに、御法門の理解もまた進むのだということでしょうか。



私も顕正会から抜けて日蓮正宗の信徒になってから丸9年が経ち、10年目へと突入いたしました。



この間私なりに一生懸命頑張ってきたわけですが、それに応じてやはり周囲の環境はめまぐるしく変化し、この三類の強敵の出現もまたあったわけでございます。



「あぁ、彼が俗衆増上慢だったのね…。」



「なるほど…、あの俗衆増上慢を裏で操っていたのが彼ですから、だったら彼は道門増上慢か…。」



「僣聖増上慢はまだ無いなぁ…。けど、この僣聖増上慢の振る舞いって彼に似ているよな…。道門増上慢であっても了見は似たようなもんだろうから、やはり同じようになってくるのかな…。」




なんて周囲の人たちに当てはめて考えられるわけですね。



これが良いのか悪いのかはわかりませんが、実際に身の回りに三類の強敵が現れなければ理解もまた出来ないのだとも思います。



いい例が顕正会だと思います。



顕正会でも三類の強敵のことは教えますが、実際にあれは三類の強敵ではありません。



法に背くようなことをやっているから、あったりまえに批判されているにすぎないのです。



一番分かり易いのは、批判する人たちは自らの立場や地位を隠して嫌がらせはしてこないでしょう?



正々堂々と自らの立場と身分を明かしたうえで批判してくる…。



これって三類の強敵の定義には当てはまらんのですよ。



三類の強敵は自らの身分を隠して陰険に、卑怯に、ネチネチと嫌がらせをしてくるものです。



決して自分の存在を明かさないようにして、こちらの息の根を止めようとしてくるもんです。





そういったことが猊下様の御講義では理解できます。



そして、その当事者になったとき…、



三類の強敵の真の意味が理解できるのだと私は思います。



次回から猊下様の御講義を紹介いたしますね。






スポンサーサイト

Comment

 

トチロ~様、ご無沙汰致しております。
パンクさせられて大変お困りでしたことでしょうね。嫌がらせ?でしょうか?
私はまだまだ信心が弱い為、三類の強敵以前の問題ですが……
己心の魔?に負けないように、位の状況です(>_<)
因果応報って信心云々以前のことでしょうから、トチロ~様への攻撃は、犯人自らの身にに必ずかえっていくでしょうね…。恐ろしいことですね。
善因を積んでいかなきゃ!!って改めて考えさせられました。
  • posted by 風月 
  • URL 
  • 2013.03/04 23:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

まぁ法華講の人でも変な人はいますからね・・・
おそらく犯人はトチロ~さんを妬んでいる人だと私は思います。
人を妬んではいけませんよね。あの浅井さんも池田さんも人を妬んでしまったのでああなってしまったんです・・・
  • posted by ANP 
  • URL 
  • 2013.03/05 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

風月さんへ 

こんにちは。

実はパンクさせられたタイヤというのは12月に新調したばかりのスタッドレスだったのですよ…。

最近はタイヤも高くなりまして、なんだかんだと8万ナンボかかってますからね…。

やられたときは犯人を恨みもしましたが、今では“本当に気の毒な人だ…。”と逆に可哀そうに感じております。

どんなに隠そうとしても御本尊様は全てを御照覧ですから、いずれは全てが白日の下に晒されることと思います。

もちろん、その方は報いも受けることでしょうね。負のスパイラルに陥って脱出できないどころか、ますます深みにはまって身を滅ぼすわけですから…、何とも気の毒なことです。


ANPさんへ 

学会でも顕正会でもない…、ってことは、そういうことだと思います。

あまり考えたくはありませんが…。

私も相当恨まれているみたいなのでしょうがないとは思ってますが…、「心」で恨む、「口」で罵るだけならいざ知らず、実際に身をもって手を下す…、「身、口、意の三業」にわたって攻撃したら、そりゃあそろそろヤバイんじゃありませんか?

って、その方のことが心配になってきますね…。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。