顕正会の誤りについて:究極の選択

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の選択

人生は常に選択の連続でございます。


右に行くか、左に行くか…。


選んだ道によって、その後の結果も変わってきますね。


ゆえに人は人生の岐路に立たされた時に迷いを生じるものでございます。

その時に道を選ぶ物差しとなるのが、その人の価値観、考え、つまり心の有り様といったものでありましょう。


するってえと、結果を良いものにするには、この物差しを何とかしちまわないと、どこまでいっても貧乏神との二人三脚ってなことになっちまう訳ですな…。



私の場合もそうでした。

それまでの仕事の選択に伴う物差しは、


“いかに身体を壊さないようにするか。”


これでした。


以前にお話したように、脱サラしてからは馬車馬のごとく働いて働いて、気づいてみれば7年で肉体労働厳禁とお医者さんに宣告されてしまったわけです。


身体を酷使せずに稼ぐ方法も模索致しましたが、ことごとく失敗して、未だにブルーカラーからは脱却出来ない自分がおりました。


そんな状況下に於いては、“身体を壊さない”というのが、身を守る為の最優先事項だったわけです。


しかしながら、そのような選択を更に7年続けた結果は…、


“身体を壊して食えなくなる前に、こんな収入では餓死しちまう!”


ってな案配でした。





つまるところ物差しが間違っていたんですな…。

確かに身体を壊してしまえば食えなくなるというのは、自身の体験に基づく真理ですわ…。これはこれで立派なもんだと思います。


けど、それに執着した選択を重ねた結果として、違うルートから恐れていたことが顔を出してきたんですね。


本当に難しいものです。

結局御住職様に相談して、「目の前に出てきた仕事は、何でも『喜んでやらせて頂きます!』ってな了見でおやんなさいな。」と、非常に分かり易いご指導を頂きまして、それに従う決意をしたわけでございます。


ところが、ところが、ところが!!!


出てくる仕事、出てくる仕事、すべてが如何にもソッコーで身体をぶっ壊しそうな仕事ばかりじゃありませんか!


「いやはや参ったな…、こりゃあどうも…。」


ってな心境でありました。





“身体を壊して食えなくなるのを待つか。それとも今すぐ餓死するか。お前さんはどっちを選ぶ!”





こんな選択だったわけですよ…。





まぁ身体を壊すといっても、数ヶ月先か数年先かは分かりませんが、このまま行けば餓死するのはもっと早くに訪れるでしょうから、1日でも生き延びよう…。


そう決意して、私は身体を壊す選択を致しました。


そうなんです。その決意をした時に私は自らの執着から離れることが出来たのです。



そして、その後は色々と思ってもみないことが起き始めたのです。


スポンサーサイト

Comment

 

確かに自分の弱さを克服する為に、運を天に的な考えも必要かもしれないですね(^_^;)

自分のことを全て御本尊様にお委せすることが、道を拓くことに繋がるかも知れません(^_^)
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2013.02/02 15:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

待ちわびました〜 

久しぶりのブログ嬉しい!
禁断症状出そうでした!私が餓死しそうでした。
続き楽しみ^_^
  • posted by ゆきみ 
  • URL 
  • 2013.02/05 00:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドンチャンさんへ 

念仏は他力本願とよく使いますよね。

以前に真宗の方を折伏するために、少し親鸞さんの書物を読んだ時に気づいたことがありました。
世間では、この他力本願という言葉を否定的に使用いたしますが、自身の力の無さを自覚して、全てを仏様に委ねるという観点に関しては、確かに理にかなっていると私は思ったものです。

ただし委ねる対象が間違っているのではないかという部分はありますが…。

ゆきみさんへ 

ありがたいお言葉嬉しいです。

年が明けて本格的に仕事が動き出した途端に、忙しくなり過ぎて更新もままならなくなってしまいました。

これからは少しずつでも書いていくようにしてみたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

選択 

トチロ~さん、こんにちは♪

人生は選択の日々…
何処かで聞いたセリフ。

ですが、
究極ともなりますと…
迷いますね(>_<)

執着に邪魔されて選択できないのが
痛いほど分ります。
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2013.02/05 15:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

さくらさんへ 

はい。どちらかが確実に楽だと分かっている場合は迷いなど生じませんが、どちらも苦しむとなった場合は本当に悩むものです。

結局私の背中を押したのは、一刻の猶予も無いという切羽詰まった状況でした。

信心したのに何で悪いことばかり起こるのだろうと悩んでいる人も多いかと思いますが、こうやって優柔不断な私のような人間に一歩踏み出させる為の仏様の慈悲なんではないかと今は思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。