顕正会の誤りについて:二者択一

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二者択一

滅私奉公といっても、何もトンチンカンなことを言っている訳ではありません。


仏教には小乗教と大乗教があります。また二乗信心という言葉も聞いたことはありましょう。


つまり、自らの幸せのみを考えているうちはまだまだですよ。


ということですよね。


自らも幸せになり、他人様をも救うじゃないのかい?


ってな声が聞こえてきそうですが…。








結果的にはそうなりますよ。ただね…、









そこに至るまでには、


お前さんの利益を取るか、それともお前さんは損をしてでも他人様に利益を与えるか。


ってな選択を迫られるもんです。











その時に迷わず他人様の幸せの方に足を向けた時、



その心意気や良し!



ってな具合で、一気に道が開けてくるもんだと思います。




これは信心しているとかしていないかとかの問題じゃありません。


信心していなくとも、世間で成功している方は皆さんこの方程式通りにやっているもんです。



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは、トチロ~さん♪

過去であろうと現在であろうと
幸せへの道の全ては自分の心掛け次第
自分だけ良しではどんな道も開きませんよね。。

私は最近、「雪だるま」の如く善を積むとしたら?
どんどんコロがし大きくなるにつれて難もあるし
力もつけなければと思う次第です。

しかし、いつの時代も迷い(煩悩)が人を苦しめるのでしょうねぇ…
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2013.01/08 14:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

さくらさんへ 

雪だるまですか…。

子ども達が大きくなってしまったので、ここ久しくは作っておりませんが、確かにあれは雪の玉が大きくなるにつれて重くなってなかなか上手く転がせないですね。

この信心も似たものかもしれませんね。

折伏すればするほど、自身の罪障は切れて軽くなりますが、眷属の人達の抱えている問題も背負いこんでいきますから、反対に大変になっていきますし、また魔も本気になって襲ってきますから、相当の覚悟が必要ですよね。

それと… 

迷いについてですが、自身の胸中に仏性が存在するということを、心の底から信じ切れた時に究極の迷いは切れるのでは無いでしょうか。


仏性が存在するならば、どんな人でも、どんな環境でも幸せになれることは約束されたようなものです。


あとはその仏性を磨いていけば良いだけの話で、それは御本尊様を信じてお題目を唱えていけば良いのですから、自然と御本尊様を信じる姿勢、三宝を敬う姿へと変わっていくと思います。


そうなれば、自分の心に従うなどということは無くなり、自然と法に心を合わせ、猊下様の御指南を素直に拝するという姿に変わっていくと私は思います。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。