顕正会の誤りについて:了見

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

了見

落語の世界では「了見」という言葉がよく使われます。


現代でも、


「そいつは、ふてぇ了見だ。」


とか、


「了見違いも甚だしい。」


なんて使い方もいたします。



この了見という言葉の持つ意味合いってのが、煩悩・業・苦の方程式を考えるに当たって凄くピタッとくる感じがするんですね、アタシには…。


苦しみの環境から脱する為には行動を変えなきゃならん。


行動を変える為には、何に価値を見いだすのかという自分の了見を変えなくちゃあいけない。




逆に言えば、了見さえ変われば行動が変わる。


行動が変われば結果も変わるということですな。


だから、楽な環境を得たいのであれば、根本的な了見…、つまりあんたの心を変えなさいな。ということなんです。




そもそも現在の環境が苦しくって苦しくってかなわないっていう人は、それまでの自身の心と、それに基づく行動が間違っていた訳ですよ。


だからね、その心が変わらないうちは、どこへ行ってもおんなじ目に遭う。


それが分かれば、むやみやたらに新天地を探そうなんて考えなくなるもんです。


するってぇと何かい?いつまでも苦しい環境にいろってぇのかい!


と問われるかもしれませんが…、







その通り。





なんですな。どこの世界にも、どんな環境にもチャンスというのは存在しているんです。


心が曇っていると、それが見えないんです。


っていうか、チャンスの方から近寄ってきてくれないんですよ。


逆にね、心が綺麗だとそれが見えるんですね。また仏様が人を遣わしてくれたのが、ちゃんと見えてくる…。


だから着実に幸せになっていける。


昔の大奥では出世する条件として、


「1引き、2運、3器量」


と言われていたそうです。当にこの一番大事な、上からの引き上げを得る最大の方法が、てめぇの了見を変えるっていうことなんです。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。