顕正会の誤りについて:煩悩

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煩悩

「正直に方便を捨て但法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩・業・苦の三道、法身・般若・解脱の三徳と転じて、三観・三諦即一心に顕はれ、其の人の所住の処は常寂光土なり。」(御書694)


有名な当体義抄の一節です。


およそ苦しい環境というものは、突然空から降ってきた…、なんてぇことは有りえないわけでありまして、苦しいのは苦しくなる行動をした結果であり、またその行動を起こした元は何かと考えますれば、すべからくてめぇの心の欲するところに従ってしまったからだという道理が、この赤字の部分でございますな…。


するってえと、苦しみから逃れるためにはこの煩悩ってえ奴を何とかしちまえば…、ってんで世のお坊さん方は滝に打たれたり火の上を歩いたり、断食したりと難行苦行をしているわけでございます。


それが良いのか悪いのかは置いといて、煩悩がすべての諸悪の根源であるという考え方は、原因と結果を重んじる仏教の共通した考え方であることは、信心していない方にもご理解いただけるものだと思います。




ところがですよ、この大原則を寒苦鳥のように忘れている信徒さんがいかに多いことか…。





お金が無くて苦しんでいるのは、この会社が悪いからだ。


この職業を選んでしまったこと自体が貧乏のスタートだったんだ。


新しい職業を選べばもっと楽になるはずだ。





確かにそういう一面はあることでありましょう。実際に私もそう考えていたんですから…ね。


そして、なんやかやと新しい道を探すわけですが、ことごとくそれらの道は袋小路になっておりまして、浄土へとは至らない…。ってんでこの苦しい穢土にいつまでも足踏みをしておる…。



「信心すりゃあ、手を引いてくださるって言ったじゃねえか、この野郎!」



ってんで、そのうちに怒りの矛先が仏様に向かう…。


馬鹿たれ!ってんです。




てめぇの考え方は西方十万億土の極楽浄土を望む念仏の考え方だってんです。



「浄土と云ひ穢土と云ふも土に二つの隔てなし。只我等が心の善悪によると見えたり。」(御書46)



そのような心の状態ではどこへ行っても同じことの繰り返しなのよ。


どこへ行けば…、じゃなくてね、てめえの心を見つめなおせば、今の地獄のような環境が素晴らしい浄土へと変化するんですよ。



この煩悩のコントロールの仕方さえマスターしちまえば幸せになるんですよ。



それをよくよく見つめなおすことが、幸せになる第一歩なんだと気づいたのが、数年前の私でございました。


チャンチャン。

スポンサーサイト

Comment

 

こんばんは。
トチロ~さんは、かなりの修羅場を経験されたのですね。私は、自身の事をトチロ~さんに伝え過ぎました。トチロ~さんから見たら私など、赤子の手を捻るも同然でしょう。
でも、まだ想定内です。

本題に入ります。
会社員の私は、経営者の苦労を知りませんし、トチロ~さん程 仕事量や給料は、多くは無いでしょう。ですが、夜勤や休まずおひるまで働いた事も多々あります。
しかし、同一の立場で物を言い会う為に、一億二千万人が、社長になる事は、不可能です。雑草には、雑草の生き様があります。どん底になってからよりも、状況が軽いうちに改善に務めた方がいいと思います。

「お前より辛い思いをしている奴は、山程いるんだぞ」と言う人が居たとしたら、何でも有りになってしまい、話しは終わってしまいます。

「トチロ~さんと、会って話しがしたい」と言うのは、本当です。社交辞令では、ありません。
私は、自身を客観的に見るのは、限度があります。私は、人の意見は聞き入れませんが、なるべく多くの人と接し自分と違う意見を話し会うのは、とても重要だと考えます。
それと、沢山の物事に興味を持つ事も必要かと思います。

私は、入信はしませんし、教学が無いので、多忙なトチロ~さんには無駄足になってしまうでしょうか?
私が他宗教などに入信していたら、討論になり、有意義な会話が出来るかもしれませんね。
急ぎではありませんが、必ずまた会って話してみたいですね。
  • posted by 小鉄 
  • URL 
  • 2013.01/06 01:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

小鉄さんへ 

ご無沙汰致しております。

積んだ業は百人百様ですから、罪障消滅の出方も程度もまた様々だと私も思います。

ただ、所詮人間ですから、その乗り越え方というのはある一定の方程式と言いますか、共通点があるように思えます。

それを皆さんにお話したいなと考えている訳です。

無宗教、結構じゃありませんか。

そもそも私も“幸せになる方法を知りたい。”ってのがスタートですからね。

大聖人様ありき、お題目ありきじゃないんですよ。

突き詰めていったら、こうなったということで。

またお会いしたいものですね。

今度はお食事でもしながら、ゆっくりお話したいですね。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。