顕正会の誤りについて:最終段階

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終段階

あくる日私は課長と一緒に品川のある上場企業の本社に行きました。



気後れするような立派な玄関を入ると、受付嬢のお姉さん方がこちらを冷たい視線で見つめておりました。



何のためらいも無くまっすぐにそのカウンターまで進み、




「〇〇商事の△△と申しますが、総務課の〇〇さんはいらっしゃいますか?」



と、名刺を差し出してお尋ねいたしました。



「お約束でございましょうか?」




「約束はしてないんですけどね。」




「どういったご用件で?」





「〇〇さんの借りているお部屋の御家賃の返済の件でとお伝えしてくださればわかりますよ。」




怪訝そうな顔をした受付嬢は内線をかけ、ひそひそ声で何やら話していました。




「ただいま降りてきますので…。」




その返事が終わる間もなく、中年の男性がすっ飛んでこちらにやってきました。




「〇〇です…。ここでは何なので、外の喫茶店に行きましょう。」




外は冬だというのに顔から滴るほどの汗をかいている御主人に促されるまま、我々はサラリーマンがたむろしている駅前の喫茶店へと向かったのです。












スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。