顕正会の誤りについて:捨て駒

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨て駒

それは社会人一年目の秋でした。


私は課長と共にある大家さんの事務所にお伺い致しました。


その方は2DK~3LDKのファミリータイプのマンションを3棟と、アパート1棟、その他ホームセンターへの貸店舗、月極駐車場などなど大規模に不動産賃貸業を営んでいる方でした。


その大家さんが今までの仲介屋から物件を引き上げ、私どもに預けて下さるということで、私は課長に連れられて先方様の事務所を訪れたのです。

非常に良い雰囲気のもとに媒介契約は終わり、その日から私どもがそれらの物件の管理会社となったのです。


しかしながら、物件を引き受けるということは、問題を抱えている物件も含めて引き受けるということでもあります。






そうなんです。その問題物件の処理をさせる為のパシリとして、小僧である私が連れていかれたのでした。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。