顕正会の誤りについて:借金による売却

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金による売却

今から20年前、バブルがはじけた時、私は不動産の営業マンをしておりました。


年々不景気は深刻化していき、そのスピードについていけなかった人達はそれぞれ多額の借金を背負い込んでしまいました。


そして泣く泣く我が家を手放す人、それまでの贅沢なマンションを引き払い、手狭なアパートに引っ越す人、様々な対処を皆様とられました。


しかし、中にはそれでも借金が消えない…。にっちもさっちも行かない人達もいらっしゃいました。


そんな人達の件を三つほどお話ししようかと思います。




まずは自宅売却にまつわるお話です…。


持家である自宅を売却する理由というのは様々ですが、大きく分けると2つあります。


より大きな家への買い替え、そして借金返済のための自宅売却です。



一番目の買い替えならば非常に夢のあることですよね。お世話する私どもとしても気持ちよく仕事ができるわけです。


しかし、借金返済のための売却に関しては様々な修羅場があるのです…。





まずは自宅を売却させる決意に立たせる段階で既にそれは訪れます。



往々にして女性というのは自宅に非常なる愛着を持っております。マイホームを購入するときというのは当に夢の城を手に入れるといった気持なのでしょう。子供がおもちゃを与えられた時のようにはしゃいでいる奥さんがほとんどです。



しかし、旦那さんの事業失敗や、理由は色々でしょうが、積み重なる借金を返済するためにその城を手放すときというのは、奥さんはまさに死刑執行を目の前にしたような姿になっているものです。



といいますか、すでにその時点ではサラ金からの追い込みで奥さんは100%ノイローゼになっております。一人の例外も無く!です。



電話をしても出ない。



自宅のチャイムを鳴らしても応答が無い。



昼も夜もカーテンを閉め切っている。



夜は一切明かりを点けない…、というか、点けることができない。



勿論外出など一切出来ない。




何故だかわかりますか?



いることが分かれば際限なく取り立ての嵐が襲ってくるからです…。



夢の城が…、監獄になってしまった…。



いつ終わるか見当もつかない苦しみが、逃げたくても逃げれない苦しみが絶え間なく襲ってくる。



これが何年も続いているのです。



精神が破壊されてもおかしくありませんよね。





一方で男というのはこんな時でも意外と芯はしっかりしているもので、売るしかないならしょうがないと腹をくくってしまうものです。



しかし、御主人の承諾だけでは売れない物件もありますし、何とか奥さんも説得しなければお客様を案内することも出来ないわけです。



ですから、ここからは、このままだとどんな地獄をみるのか、これ以上の悲惨な目にあっていくのか…、それを奥さんに話し続けるわけです。



奥さんは泣きながら、半狂乱になりながら、それでも最後にはあきらめて媒介契約書に判を押します。





やがて購入してくれるお客様が出てきて、いよいよ本格的な修羅場へとなっていきます。



腹をくくっていたはずの御主人も、この段階になると腰が引けてきます。



売却して借金がすべて返済できるなら問題はありません。



この場合はそれ以外のパターンです。



つまり、借金総額が多すぎて自宅を売却しても借金が返済しきれない…。



そんな人もいるのです。



あの鬼のようなサラ金相手に交渉が出来るのか…。



それが出来たとしても、抵当もつけられないような街金を欺いて上手く逃げることが出来るのか…。



不安は次から次へと襲い掛かり、御主人もこの段階では完全にノイローゼ状態になるものです。






少し気を許せば、そのまま自殺されかねない…。



そんな緊迫した状態のなか、粛々と売買は最後の決済まで進められていくのです。



(つづく)



スポンサーサイト

Comment

 

怖い話ですね。
「明日は我が身」の思いで続きを読ませて頂きます!
  • posted by セロリ 
  • URL 
  • 2012.12/05 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

セロリさんへ 

そうなんです!明日は我が身なんですよ…。


私も当時はサラリーマンながらも将来は独立自営を目指してましたから、他人事ではない気持ちでこの案件に臨んでいました。


けど、第三者として修羅場に参加するのと、当事者として向き合うのとでは雲泥の差がありました…。


ナニワ金融道や、ミナミの帝王は漫画だけの世界では無いんですよね。いまこの一瞬においても日本のどこかで実際に起きている現実なんです。


幸か不幸かその世界の一部を垣間見た者として、警鐘を鳴らすと共に、自戒の念も含めてこのような世界に関わらない人生を歩む方法をお伝え出来たらと思うものです。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。