顕正会の誤りについて:つなぎ資金

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つなぎ資金

つなぎ資金という言葉は聞いたことがあるでしょうか。



これも告白するのは初めてだったと思いますが…、



私はもともと不動産の営業マンでした。




その不動産の世界では日常茶飯事に出てくる用語です。




不動産の売買をするときには往々にして今まで住んでいた家を売って、その売却益を購入するための資金に充てることが多いわけですが、基本的に引き渡しの時には家をすっからかんにしないといけないわけです。しかしながら新しい自宅に家財を運びたくても、お金をすべて払わなければ新しい家は自分のものになりませんから、売り主さんも残金をもらうまでは所有権移転は拒むものです。


さりとて、前述したように自宅を売却して残金を買主さんからもらうためには、家財をすべて引き払わなければいけない…。


この矛盾を穴埋めするのが“つなぎ資金”です。


つまり、自宅をカラにするために一時だけ売却益分の購入資金を借り受け、先に購入物件の決済をしてしまって、引っ越しを済ませてしまう。そののちに自宅の決済をして、得た売却益を銀行さんに返済する。




こういったシステムです。




確実にお金が入ってくる確証さえあれば、銀行さんはお金を貸してくれます。



これと同じ考え方、心理というものは借金地獄の場合にも頭に浮かんでくるものなんです。





どういうことか…。





あと数日待てば確実に10万円が入ってくる…。




しかし、債権者は今日までに10万を返せと脅してくる…。




ここに真っ新なキャッシュカードがある…。




消費者金融への借金は怖いけど…、




数日後の10万が入ったら直ぐに返してしまえば大丈夫なんではないか…。




街金やヤミ金じゃあるまいし、たった数日の利息はたいしたもんじゃないし…。




うん、大丈夫!




それ以上は使わないから…。





これ一度きりだけだから…。




絶対に二度とこの手は使わないから…。




そう自分に言い聞かせて恐る恐るキャッシングをしてしまいます。




それと同時に、あんなにうるさかった債権者がピタッとおとなしくなってしまう。




久々に訪れたしばしの安息…。




勿論一回目は慎重に事を運んでおりますから、入金されたら速攻で返済して事なきを得る…。







この成功体験が徐々に感覚を麻痺させて暴走を始める原因となってしまうのです。





スポンサーサイト

Comment

 


自分の知り合いで自己破産した方は、

新しいキャッシュ枠があると、『「借りる」というより「貯金を下ろす』くらいの感覚になってしまった。』と言っていました。

怖いですね(^_^;)
  • posted by セロリ 
  • URL 
  • 2012.12/03 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

セロリさんへ 

私も昔は何でこんな分かりきった事なのに安易に借りてしまうのだろうか。

借りた方にも責任はあるのではないかと思っていました。

確かにそれはその通りなのですが、借りなくてはならない状況に自然に追い込まれることもあるということ、追い込まれた人間の心理は予想以上に過酷で、その苦しみから逃れる為に、頭では理解していても、自然と深みにはまる方向に手を出してしまう弱さが人間にはあるということを私は学びました。

借金した人間の99%は、激しい追い込みをかけられれば、新たな借金をするものではないかと私は感じます。


Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。