顕正会の誤りについて:地獄の一丁目

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の一丁目

取り立ての話の前に少し話しておかなければなりません。私が借金返済や公共料金支払い、そして税金等の支払いに支障をきたしてきたのは、実は顕正会を辞めて法華講員となってからなのです。


それまでは苦しいながらもかろうじて滞納だけは避けられてました。支払う以上に稼がねばならないとのおもいで、朝から晩まで働きました。


その結果、腰椎のヘルニアを患いまして、無理は出来ない体になりました。



年齢も30代半ばになり、この先を考えても、体力に頼る仕事から人に動いて貰い稼ぐ仕事に切り替えていかなくてはならない必要にも迫られておりました。



そのため、ありとあらゆる方向性を探りましたが、結局は何一つ形にはなりませんでした。



もちろん仕事を辞めてメシは喰えませんから、腰に気を使いながら肉体労働は続けました。



しかし、体をかばえば当然のごとくこなせる仕事は減ってきます。



目に見えるように収入は減っていきました。



それと反比例するように子ども達は大きくなり、食費も教育費も増えてまいりました。



私はとにかくこの状況から脱出しなければならないと、昼は肉体労働にいそしみ、夜はパソコンの前で様々な試みをしておりました。



そんなおり、夜中に今まで体験したことのない激痛が頭を走り、私は倒れてしまったのです。完全に脳の血管に異常が発生したと思いました。脳梗塞かはたまた脳溢血か…。「俺の人生はこれで終わりか…。」本気でそう思いました。



朦朧とした意識の中、奥さんに救急車を呼んで貰い脳神経外科に運ばれました。



検査の結果、脳内には異常は無く、首の骨が変形したために神経に異常をきたして激痛が走ったとのことでした。



しかし、ヘルニアの時と同じく、お医者さんからは肉体労働を止めるよう指導されました。



けれどもこれしか稼ぐ術は無い…。



どうすれば良いのか…。


完全に八方塞がりになってしまった私は、それでも体に気を配りながら肉体労働を再開致しました。



けれどもこれらの強烈な心のブレーキを備えてしまった私には、以前のような仕事量をこなすことはやはり出来ませんでした。



そして徐々に自転車操業へと突入していくのです。



まさに地獄の一丁目に入ってしまった瞬間でした。




スポンサーサイト

Comment

 

再びこんばんは
お邪魔致します…

体を壊すと
思うように稼げない…
体が動かない…
心と半比例するように
成ってしまいますね

この当時のトチロ~さんは大変な心の苦労を
なさっていたんですね

独りならまだしも
奥様と3人のお子さん…

家族に
苦労を掛けまいとする
トチロ~さんの気遣いが伝わって来ました

家族を守る男性って
ホントに本当に
大変だと思います…
  • posted by 無月 
  • URL 
  • 2012.11/29 18:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

無月さんへ 

この当時は本当にどうすれば良いのかわかりませんでした。


顕正会当時です。


本来ならば大聖人様の仏法を行じているはずなのですから、己の進むべき明確な指針があっても良いはずなのですが、顕正会の教義では何の解決策もありませんでした。


巨大地震が起こる。


中国が攻めてくる。


国家破産がやってくる。



だからどうなんだよ!俺はどうすれば良いんだ!この現状の苦しみから脱却するには具体的に何をどうすれば良いのか言ってみろ!


といった気持でしたよ。


結局顕正会の教えには個人の成仏への道は説かれていないのですよ。



それでは大聖人様の仏法自体が所詮そんなものなのかと言えば、そうでは無い…。


そして、御宗門では700年間それを説き続けている…。


それに今は気づきました。


それを一人でも多くの方にお伝えしたいです。


 

トチロ~さん
おはようございます…

本当にそうですね…

国や世界全体の事を
問われ心配や解決策を
言い続けられても
個人的な事を解決する方法は顕正会では習わなかったです…

私は顕正会時代に
2回破産しています…

上長や私の紹介者は
『仕方ないんじゃない』の言葉と…
もっと折伏を頑張る様にと言われました

頑張ってるのに
これ以上どうやって
頑張れば良いのか悩みましたよ…

ところで…
腰の具合は
今は如何でしょうか?

寒いと
古傷も痛みます…

お大事になさって下さいね…

  • posted by 無月 
  • URL 
  • 2012.12/01 11:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

無月さんへ 

腰痛とはもう十年付き合ってますので、“そろそろ来そうだな…。”というのが何となく分かってくるようになりました。

そんな時は大事をとるようにしていますので、仕事が出来ないほど酷い状況は今のところ避けられています。


ところで個人個人の解決策に関しては、日蓮正宗でも折伏だよと指導されることが多いかと思います。


ただ、正しく免許を受けたお医者さんが正しいお薬を出して下さるのと同じで、素直に指示に従えば自然と治っていくのが日蓮正宗だと思います。


一方で顕正会は資格の無いものが勝手に薬まがいのものを会員に押しつける訳ですから、良くなるどころか悪くなる一方だと私は思います。


また日蓮正宗では何故そうなったのかというのが、やがて自分自身で分かってくるのではないかと私は最近とみに感じます。

追加です 

何故顕正会員が個別の指導が出来ないか…。


顕正会は似非仏教ですから、本物の功徳を味わったことが無いのが最大の原因だと思います。


自ら貧乏を脱出した者ならば、必ず具体的な指針が示せるはずです。

チャンスは… 

貧乏脱出のポイントは一念三千と六根清浄を理解し、己の身に現すことだと私は思います。


誰しも金持ちになる可能性も貧乏になる可能性も、実は心の中に持っている訳です。


そういう観点から見れば、常に誰の身の回りにも金持ちになるチャンスは目の前に転がっているんです。


そのチャンスをチャンスと見極められず、貧乏になるきっかけばかり掴んでしまうことが、不幸から脱出出来ない最大の原因です。


それではチャンスをチャンスと見極める為にはどうすれば良いかと言えば、それを見極める眼を具えるしかありません。


物事の真実を見極める眼や耳を持つこと。つまり六根清浄になれば、自然と幸せになる選択肢を選ぶことが出来るのです。

正しく大聖人様の仏法を行じていれば、六根は清浄になり、自然とチャンスはチャンスとしてタイミングを逃すことなく掴めるはずです。


これが貧乏脱出の方程式だと私は思います。


そして、六根清浄に至るまでの修行方法や、正しい考え方、心の持ちよう等々を、個人個人に具体的にご指導下され、導いてくださるのが、ご住職様なのだと思います。




Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。