顕正会の誤りについて:御戒壇説法

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御戒壇説法

本日は御大会に参加しております。


ところで、顕正会員さんはご存知無いかもしれませんが、日蓮正宗の二大行事である御虫払いと御大会においては、御開扉時に猊下様より御戒壇説法として、戒壇の大御本尊様の縁由に関してお話があります。

日達上人が「大事なものだから全部は見せられないが…。」と仰せになって両手で前後の文を隠しながら見せてくださったというのが、この御戒壇説法です。

その御説法には勿論のこと御遺命の戒壇に関しても言及されております。
私も入信以来すでに十数回拝聴しておりますが、この御説法を拝すれば、御遺命の戒壇の何たるかが分かるはずです。

何が大事で、何が枝葉なのかが理解できます。

顕正会では枝葉にこだわり、大事な部分を軽視しているのです。




それでは成仏なぞ出来ません。



この御戒壇説法は活字にならない御説法です。


信徒のみに許された御説法です。


心ある顕正会員さんが一人でも多く拝聴し、成仏への直道に入られることを切に望みます。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんばんは、トチロ~さん♪

御大会に参加されているのですね。
御疲れ様です(^^)

私はまだ参加したことが無いので
いつか、御戒壇説法を拝聴させて頂けるよう信心していこうと思います。
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2012.11/20 21:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

さくらさんへ 

先ほど本日の行事は終了致しました。

問題意識の無い方は単に有り難い御説法だな…で終わってしまうと思うのですが、顕正会流戒壇論を破折する身である我々においては、猊下様のお言葉一つ一つがもの凄く深く重みを感じるものです。

基本的に活字にはなりませんが、日應上人、日開上人の御戒壇説法は過去に活字になっており、私も所持していますので、帰ったら送りますね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。