顕正会の誤りについて:御本尊様を信じるには

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御本尊様を信じるには

先年の寛師会で、ある女性の法華講員さんとお会いしました。

一年前からの知り合いで、メールやお電話では話したことはあったのですが、遠隔地の方なもので、なかなかお会いする機会がありませんでした。

その方との会話の中で、「トチロ~さんは何故あそこまで猊下様を信じ切ることが出来るのですか。」とのご質問を頂きました。

とても嬉しい質問です。猊下様を信じ切れているということは、御本尊様を信じ切れているということにも繋がるからです。

第三者の目にそのように映っているということは、なんとも有りがたいことです。

話を戻しまして、その彼女の質問に私はこのように答えました。


「何でも良いから、猊下様の御指南になったことを、そのままやってごらん。意味が分からなくてもいいから、とにかくやり切ってごらん。必ず思いもよらない結果が出るはずだよ。そうすれば、猊下様が仏様の御境涯を持ってらっしゃることが、嫌でも分かるよ。そうなったら…、信じるしかないじゃん。」



これって御本尊様にも同じことが言えるのではないかと思うのです。


御本尊様を信じ切るには、御本尊様の力を知るしかないのです。


理屈では誰しも知ってます。しかし理屈だけではダメなんです。心の底から信じ切るには、体験をしなくてはダメなんです。


本当の功徳を体験するのです。そこから本当に御本尊様を信じ切ることが出来るのです。



それでは、どうすれば御本尊様の力を体験出来るのでしょうか。



あえて誤解を覚悟で書きます。



「一心に仏を見奉らんと欲し、その為には自らの命も惜しまない。」




この覚悟にたつことです。



ここから全てが始まるのです。



スポンサーサイト

Comment

ひとつ自分も思ったことがあります 

最近では御開扉が一度の登山で3回できるようになりました。こんなの顕正会や創価が聞けば揚げ足取ってくるのに決まってるとも思いました。

でも、よくよく考えたら、深い慈悲かもしれないと…。

登山者の中には末期の方や、超高齢の方も居られるかも知れません。その方々にとっては、最後の御登山になるかも知れません。

一度大御本尊様を拝したけども、心残りがあることもあるでしょう。今一度拝したいと直後に思うこともあるのです。悔いを残さないような登山に・・・そう受け止めています。

ポリ銀さんへ 

御開扉冥加料を御開扉の対価と捉えると顕正会のような批判になると思います。

これを仏様にお目通りするにあたっての御供養をさせていただくのだと捉えれば、こんなわずかな金額ではむしろ申し訳ないという気持ちが起きてきます。

我々の気持ち次第で良くも悪くもなる…。

ということでしょうね。言いたい人には言わせとけ…。これが現在の私の素直な気持ちです。

  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.11/09 14:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

『一心欲見佛 不自借身命』 


トチロー様

初めて書き込みさせて頂きます。

ブログ文面の通り

信じ切るには「体験」でしかない

仰る通りと痛感致します☆

私も猊下様の御指南通り

精進して参りたいと思います。

また訪問致します

ありがとうございました☆

  • posted by 志保 
  • URL 
  • 2012.12/02 11:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

志保さんへ 

はじめまして。コメントありがとうございます。

人間だれしも自分が可愛いという防衛本能があると思います。

人様の利益と自分の不利益が相対してしまったとき、あえて自分を捨てて人様のために尽くすことが出来るかが、一つの試金石なのかもしれませんね。

ところで、猊下様の御眼には私たちには見えない部分まで映っていらっしゃるのだと思います。

ですから、猊下様の御指南通りの行動を為した時に、不可思議な法界の動きがあるのだと思います。

これもまた体験を通して実感すべき事なのかもしれません。

その体験が積み重なって、絶対的な確信へと変わっていくのだと思います。

お互いに頑張りましょうね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。