顕正会の誤りについて:三宝について

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宝について

およそ仏教と呼ばれるものは、それぞれに三宝というものを定義づけているようです。

その三つの宝とは、仏の宝、法の宝、僧の宝です。

そして我が日蓮正宗においては、仏の宝は日蓮大聖人様、法の宝は戒壇の大御本尊様、僧の宝は日興上人はじめ代々の御法主上人猊下とされています。

これは客殿の御宝前の奉安形式に表されていますね。

向かって左が仏宝の大聖人様、真ん中が法宝の御本尊様、そして向かって右が僧宝の日興上人です。


この三宝に信をとっていくのが日蓮正宗の信心の根本なのです。

それでは、この三宝に共通している点は何だか分かりますでしょうか?




実は久遠の昔に大聖人様が自ら覚られた仏様の御境涯が、この三宝にはそれぞれ備わっていらっしゃるのです。

これを御内証と言います。

大聖人様が仏様の御境涯を御覚りになられたのは、皆さんよくご存知だと思います。

その御境涯の上から「日蓮が魂ひを墨にそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ。」としてのこされたのが御本尊様です。その随一は、戒壇の大御本尊様です。

また、大聖人様は日興上人にこの法の一切を余すところ無く御相承あそばされました。


このように客殿に奉られている三宝の全てに仏様の御境涯というものは存在するのです。




私達はその事実を真摯に受け止め、身を低くしてこの三宝を信じ、指さされるままに信行を貫いていくことこそ大事であり、成仏の直道なのであります。


この一番大事な部分の理解が不十分で、破門されてしまったのが、学会、正信会、そして顕正会なのです。



スポンサーサイト

Comment

 

創価学会と顕正会その他の宗教は、現世利益のこと、自分達や身内の繁栄しか、頭にありません(-_-;)

世界平和とか言ったところで、みえすいています(>_<)

早く他宗教の方々を、正法へと導かなければいけませんね(^_^)
  • posted by ドンチャン 
  • URL 
  • 2012.11/16 13:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドンチャンさんへ 

最近顕正会員の罰の現証が激しくなっているような気がします。

一日も早く救ってあげられるようにお互いに頑張りましょうね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。