顕正会の誤りについて:日達上人 2

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日達上人 2


「三日のちに行われた四月六日の御虫払御書講においても

『王仏冥合の姿を末法濁悪の未来に移し顕わしたならば、必ず勅宣並に御教書があって、霊山浄土に似たる最勝の地を尋ねられて戒壇が建立出来るとの大聖人の仰せでありますから、私は未来の大理想として信じ奉る

 と、久々に正論が述べられた。この御説法は、建築中の正本堂を眼前にして、三大秘法抄に御遺命の戒壇を『未来の大理想として信じ奉る』といわれたのであるから、明らかに正本堂の誑惑を否定したものである。」(「学会・宗門」抗争の根本原因100ページ)



これは浅井会長の著書“「学会・宗門」抗争の根本原因”の一節であります。


これに明らかなように、浅井さんもまたこの4月6日の御虫払いの猊下の御説法は、正本堂を御遺命の戒壇では無いと敢然と否定したものであると認めております。


つまり、これ以後の御宗門における御遺命破壊の証拠を提示できないならば、この昭和45年4月6日をもって、御宗門における御遺命破壊等の疑惑は完全に晴れており、それ以降のあらゆる顕正会のイチャモンは何の根拠も無いと一蹴されてしかるべきなのです。




スポンサーサイト

Comment

浅井さんには後生を 

提婆達多も御本尊様に名が刻まれていますので、浅井さんも後生は真の仏法興隆のために生まれ変わって来て欲しいです。

顕正会という悪縁をきっかけに多くの法華講信者が生まれましたから、その功徳も大きいでしょう。学会もしかり。

私たち元顕正会員は顕正会を逃げて、信仰自体を捨てた人や盲信会員を少しでも多く正宗に御縁させていかなくてはいけませんね。学会員もしかり。

  • posted by ポリ銀 
  • URL 
  • 2012.10/12 12:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

大石寺内の六壷には日蓮正宗で最古の過去帳があると聞いたことがあります。

そしてそこには六老僧の名前も記載されているらしいです。

生前は正しく法を守れなかったとしても、その方々の成仏を願っていくという気持ちなのでしょうね。

たしかに浅井さんの犯した行為は無間地獄決定でしょうが、彼の残した成果を良い方向に導いてあげるのは私たちの役目なのだと思います。

お互いに頑張りましょう。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/13 08:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

御返事いただきありがとうございます。

顕正会では即身成仏できなかった人は、無間地獄に落ちてそれこそ永い永い時間を苦しむと説いています。その後、歴劫修行を経て迹仏に出会って、徐々に徐々に成仏するんだと…。次の宇宙くらいの先で…。

でも、私は最近それは相対的な比喩かな?とも思うようになりました。時間の流れが十法界それぞれで違うのかもしれませんから。インセプションという映画を観て、ふっと思っただけですから根拠はないです。

やはり、無間地獄の業因を感果しながら、人に生まれ変わってその苦を御本尊様にすがって転じていくのではないかと…。

自分自身の人生を振り返ってそんな感じがしています。
  • posted by ポリ銀 
  • URL 
  • 2012.10/14 10:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

正法をたもつと、軽くはなっているとしても、罪障消滅によって無間地獄の苦しみを体験することになると私は思います。

それらを乗り越えて初めて安楽な境涯を得られるのではないかと思うのです。

耐えきれなかったものが退転する。

けれども死後の苦しみはそれ以上なのでしょうから、そこで心の底から懺悔して、はじめてスタートラインに立てるのではないでしょうかね。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/18 19:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。