顕正会の誤りについて:日達上人 1

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日達上人 1

浅井さんは以下のように言っていますが、


「国立戒壇を否定するために偽戒壇・正本堂を建て、これを時の貫首に 「 御遺命の戒壇 」 と承認させようとした。このような非常事態が未来に起こるを慮られ、二祖日興上人は「 衆議たりと雖も仏法に相違あらば、貫首之を摧くべきこと 」 とご遺誡されている。だが、細井日達は諂いの人。大聖人の御眼も恐れず、日興上人の御誡めも無視して、池田大作の意のままに正本堂を御遺命の戒壇と承認し、」


これは事実とはあまりにもかけ離れております。



顕正会員さんには正しく情報が伝わってはおりませんが、実は昭和45年4月6日の御虫払いの御説法において日達上人は、


「有徳王・覚徳比丘のその昔の王仏冥合の姿を末法濁悪の未来に移し顕わしたならば、必ず勅宣並に御教書があって霊山浄土に似たる最勝の地を尋ねられて戒壇が建立出来るとの大聖人の仰せでありますから私は未来の大理想として信じ奉るのであります。」(日達上人猊下御説法七頁)


とのお言葉を持って、「広宣流布は未来のことであること。」、「されば現在建設中の正本堂は御遺命の戒壇ではないこと。」をはっきりと宣言あそばされました。


そして、その日を境にして日蓮正宗の機関紙や、御僧侶方の発言においても、「正本堂は御遺命の戒壇である。」という内容は一切消え失せたのです。


つまり、昭和45年4月6日以降は、日蓮正宗では「正本堂は御遺命の戒壇ではない。」という認識で統一され、それが現在までも続いているのです。



つまり上記浅井さんの発言は全くの正反対であり、何も知らない顕正会員を洗脳するためのテクニックなのですね。



したがいまして昭和45年4月6日以降は、浅井さんから批判される筋合いは微塵もないということを顕正会員さんは認識するべきなのです。



スポンサーサイト

Comment

古い話なんですよね 

今年は正本堂がなくなってから14年になります。建立されてからは40年です。法華講員で学会・正信会経由の方と話した時に、顕正会が問題にしている国立戒壇の話が出ましたが、???な感じでした。いつまで言うつもりなのかと思います。

浅井さんはあの建物に人生の半分をかけてしまったことになりますね。おかげで働かずに大きな家に住んで、私物化した教団施設を持つ身分にまで成長しました。

日蓮正宗や学会を批判するためだけの団体で飯を食うなんてたいしたものです(笑)。無職の僕にはサクセスストーリーのようにすら思われます(爆)。

でも、浅井さんは腹膜透析をされているとか。しかも糖尿病由来で。古来より聖人・賢人に肥満体はいません。
彼は自称賢人なのです。

腹膜透析は副作用として心筋梗塞を起こすようになるそうです。日達上人の亡くなり方を嘲笑い続けてきた彼は、その応報として池田さんとは違い急死するのかもしれません。その時顕正会はどういうのでしょうか?

浅井会長の謀り 

いつもお世話になりますm(__)m

宗門が「御遺命の破壊」していると言う事についての誤りを現顕正の娘に上手く伝えるのが難しかったのですが、要は正本堂を御遺命の戒壇としたことが今でも続いていると思い込まされているからのですよね…
創価学会と顕正会の対立も現在の顕正会員には過去の事であり宗門と学会の対立へとすり替えていく
浅井会長のテクニッには恐れ入りました(>_<)
謀り昭衛とはよく言ったものです。。

ポリ銀さん、浅井会長は腹膜透析をされているのですかぁ(@_@)
初めて聞きました。
あれだけの謗法を犯していて良く何もないと不思議に思っていたのですが、やはり罰は出ていたのですねぇ。。
御住職より地獄決定ですと今世では罰も出ないとお聞きしたことがありましたものですから。
最後はどうなるやら。。
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2012.10/11 03:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

正本堂あっての浅井さんですからね。

解体された後は、顕正会共々その存在意義が問われることになり、どんどん低レベルな誹謗中傷に陥っていったように思います。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/11 04:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

さくらさんへ 

確かに昭和45年4月以前には正本堂を御遺命の戒壇とみる発言が宗内にあったのは事実なんですが、日達上人に関してだけ言えば、それ以前にも正本堂を御遺命の戒壇と決定づけるお言葉は発していないのです。

つまり、勇み足で正本堂を御遺命の戒壇と言ってしまった方々は存在したとしても、猊下様がそれに太鼓判を押していない以上は、御宗門の正式な見解も正本堂を御遺命の戒壇とは認めていないと言えるかと私は思います。

そういった点も娘さんにお話してあげたらどうでしょうか。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/11 04:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

本当にこれは事実とかけ離れすぎですよね(-_-#)

こちらの立場からすれば、なんでそんなことが書けて、顕正会員で疑う者が出ないのかと思うぐらいです(^_^;)
  • posted by セロリ 
  • URL 
  • 2012.10/11 08:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

セロリさんへ 

顕正会は御遺命破壊ありきですからね…。

そこがすべてのスタートになっているもんですから、公正に両者を比較検討するということが出来なくなってしまっているのでしょうね。

ただ、その変に偏った色眼鏡を外してしまえば、分かってくれる人もまた大勢いると私は信じます。

お互いに地道にコツコツやっていきましょう。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/12 04:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。