顕正会の誤りについて:日昇上人慶讃文 2

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日昇上人慶讃文 2

前回の日昇上人慶讃文における青字の部分は特に問題はなかろうかと思います。


紙面の関係上省略したと良心的に解釈するべきかと思います。


しかしながら、……に該当する赤字の部分は、省略することによって、受け取る側の認識はかなり変わってくるものです。

「血脈付法の法主を継げる日昇之れを受納して、」


少なくとも“受納して”までは句読点さえも打たれていないのですから、浅井さんのように“血脈付法の法主を継げる日昇”だけで文章を切ってしまうのは非常に不自然であり、そこに浅井さんのいやらしい意図が感じられる訳でございます。


つまり、赤字の部分が現在の顕正会には都合が悪いということです。


赤字の部分を読むと“奉安殿は御開扉を受ける信徒が増えたため、それを収容するために建設された。”ということが分かります。


また青字の部分まで通して全文を拝読してみると“御遺命の戒壇建立はまだ先の話ではあるが、信徒の増加に伴い、この奉安殿を戸田さんが発願建設し、それを日昇上人は受納された。”ということが書いてある訳でございます。


つまり、浅井さんが主張する“秘蔵厳護”とは逆の行動をされている訳であります。


しかしながら、切り文の仕方によって、全く正反対の意味合いにしてしまう浅井さんは、別の意味で素晴らしい能力の持ち主だと感心するものですね。



スポンサーサイト

Comment

御無沙汰しております 

浅井さんも御開扉や奉安堂への怨嫉をいいかげん改めないと…。

いくら耐震性云々、核シェルター云々といったところで、所詮は人智の範囲なんです。極論を言えばこの地球に隕石が衝突するレベルのこともあり得るのです。地殻がブチ壊されてマントルがあふれるような、大災害が起こればどんなにしても守れるわけがありません。

信心で見るならば、人力で厳護出来ないような災害は、この大御本尊様には起きえないと拝するべきなんじゃないでしょうか。

顕正会員は奉安堂を目にしていないから、あの堅固な建造物の威容が実感できないのでしょうね。御影堂の修復工事にしても、宮大工さんがどれだけの手間暇をかけて、携わっているかも知らないでしょうし。おそらく、御影堂の存在や意味も知らないでしょうけども。

かつて御隠尊貎下様が、学会員や顕正会員の姿を久遠をしらない迹門の徒と仰られたことがあります。750年の法統をすっとばしていきなり生まれ出て来た、化生の者どものようですらあります。知恩・報恩の恩という字は、原因の因の下に心と書きますが、自らの依って来たるところのものに心を配することができない哀しさでしょう。
  • posted by ポリ銀 
  • URL 
  • 2012.10/04 03:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

お久しぶりです。先日セロリさんとお会いした際、セロリさんも、同席されていた方々もポリ銀さんのことを心配されておりましたよ。

また元気な姿を見せてくださいね。

ところで私も昨年の震災の津波を見たときに、所詮人間の知恵や力などちっぽけなものなんだな…。と改めて思いました。

この信心はそこに気づくかどうかが一つの分かれ道になるのではないでしょうか。

現代人の大きな勘違いに、“人間の力を過大評価する”というのがあるように私は感じます。

何でも自身の知恵や力で解決できると思い込んでしまっている…。

当に慢心の極みだと思うのです。

自身の非力さを知り、謙虚に御本尊様に向かい合う…。

その気持ちがその人の姿に顕われてきたとき、全てが上手くいくように私は思うのです。

  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/04 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

日昇上人の慶讃文の赤字の部分は初めて知りました!

「信徒の増加は未曽有の実を示し、例月の登山参拝者は一山に充ち宝蔵開扉の願主一堂に溢る。」
あたりは特に読ませたくないでしょうね!

あと自分は青字の後の部分、「一天四海に広宣流布の時こそ之の時なり。」も、「日本一同が広宣流布したときに国立戒壇が建つ」と指導する顕正会では読ませたくないのではと思います。

セロリさんへ 

そうなんですよ、セロリさん。

以前にセロリさんのブログで青字の一天四海の部分を指摘されてましたが、3級試験の設問でも“世界宗教だから国立戒壇は無い”を批判してました。

しかしながら、この部分を見れば世界へ広めるのもまた大聖人様の仏法の理念であることが証明されるのであり、それを基に日達上人や日顕上人のお言葉があることも分かってしまう訳です。

浅井さんとしては、やはりこの部分を見せたくない気持ちはあるのでしょうね。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/05 08:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。