顕正会の誤りについて:常寂光土

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常寂光土

前回は有情においても、仏様を手にかけることは出来ないということをお話いたしました。



されば非情においてはどうなのか?ということなのでありますが、そもそも依正不二の原理とは、そこに住する正報の果報により依報の果報もまた決定されるといったことでございましょう。



つまり大石寺の土地というものは、大聖人様の御法魂たる戒壇の大御本尊様まします土であります。ゆえに大石寺は常寂光土となるわけであり、まさに我々が広宣流布したのちの理想の姿がそこには存在するというのが日蓮正宗の信心をしている者の忘れてはいけない大原則であります。



その常寂光土が地震で大揺れに揺れるから対策を講じよ!対策を講じ無き者は信心無き輩である!と言っているのが浅井さんなんですよ。



顕正会員の皆さん、この浅井さんの矛盾がお分かりになりますか?




信心が無いのはほかでもない、浅井さん自身なのです。




仏様のお力を心の底から信じ切れていないから、このような発言が飛び出してくるのです。




「正直に方便を捨て但法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩・業・苦の三道、法身・般若・解脱の三徳と転じて、三観・三諦即一心に顕はれ、其の人の所住の処は常寂光土なり。能居・所居、身土・色心、倶体倶用の無作三身、本門寿量の当体蓮華の仏とは、日蓮が弟子檀那等の中の事なり」(御書694)



当体義抄において大聖人様はこの信心をする者の住する土においてさえも仏国土になるのだとおおせになっています。それを詳しく説かれたのが以下の日寛上人の御指南です。




「此の下は依正不二を明かすなり。『其の人』とは即ち是れ三道即三徳の妙人、是れ正報なり。『所住の処』等とは依報なり。中に於て『所住之処』の四字は依報の中の因なり。『常寂光土』の四字は依報の中の果なり。当に知るべし、依正不二なる故に、依報の因果も亦是れ倶時なり。是れ正報の因果倶時なるに由る故なり。当に知るべし、依正の因果は悉く是れ蓮華の法なり」(日寛上人御書文段622)



そして、この仏国土はどのような姿を現ずるのかというと、以下の如説修行抄の大聖人様の御金言に明らかです。



「万民一同に南無妙法蓮華経と唱へ奉らば、吹く風枝をならさず、雨土くれをくだかず、代はぎのうの世となりて、今生には不祥の災難を払ひて長生の術を得、人法共に不老不死の理顕はれん時を各々御らんぜよ」(御書671)



この信心をする我々においてもこのような果報を招くのです。




ましてや事の一念三千の当体たる戒壇の大御本尊様においてをや…。




ですよね。




そんな基本の基本も分からなくなっってしまっているのが浅井さんだということをここに明言しておきたいと思います。










スポンサーサイト

Comment

 

基本の基本がわかっていないのか、はたまたわかっていながらパフォーマンスをしているのか、ともかく巻き込まれる顕正会員がかわいそうだと思います(∋_∈)

無月さんのブログをお読みになられたようですが、
無月さんの上長は浅井会長の言葉を鵜呑みにして、さらに尾ひれをつけて、「日如猊下に諸天の罰」と解釈してしまった。
しかし総幹部会の浅井会長の発言をよく聞いてみると、
「建白書を送付して2週間後にこういうことが起きた」
とは言いつつも、
「建白書を用いるか用いないかはまだわからない」
と直接の関連性には言及していませんでした。

発言の責任を逃れつつも会員には「罰ではないか」と思わせるとは、
やり方が卑怯だなと思います(-_-#)

 

お恥ずかしながら、昨晩妻とひと悶着ありまして(笑)

その会話の中で、建白書の矛盾を突きまして、正本堂の基礎が別の建物である奉安堂に使われる訳無い、と諌めさせてもらいましたら、「ビフォアーアフターだってやってるじゃん!」
だって……

おいおい……


アホ発言も大概にしておけ…


もう呆れて言葉も出なかった(笑)
  • posted by §ASAGI§ 
  • URL 
  • 2012.10/01 17:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

セロリさんへ 

今回の件を聞いて私は平成17年の御座替わりを思い出しました。

あの時も“浅い会長の諫めがあったが故に失脚した。”といった内容が顕正会内部で囁かれていたと思います。

猊座をお譲りになるもならないも猊下のお心一つであるにも関わらず、それを浅井さんの神格化に利用する浅ましさは何とも言えぬ嫌な気分になったものです。

猊座をお譲りになったのは、学会問題が一通りの決着を見たがゆえと拝察致します。

また、そのような噂は既に存在致したのが当時の状況なんです。

浅井さんはそれを逆手に取ってあの時期にパフォーマンスをしたのだと私は感じます。

今回の件もフェイクや学会系掲示板で書かれていた内容の域を出ないものでした。

本当に浅井さんという人は情けないご老人ですね。

  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/01 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

§ASAGI§さんへ 

§ASAGI§さんのコメントを見て、奥様ももう少しで話を真剣に聞くのではないかと感じました。

もし私でお役に立てるようであれば、資料を持参して長野まで応援に駆けつけます。


お気軽にお申し付け下さいませ。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/01 18:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/04 00:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お便りありがとうございます。

お伝えしたいことがありますので、最新日記に“私信”として書いておきました。

よろしくお願い致します。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.10/04 02:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。