顕正会の誤りについて:浅井さんの姿勢

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井さんの姿勢

先般の日記で私は、


「皆様お忘れかもしれませんが、血脈ワープ論をとる顕正会においては、国立戒壇を認める御法主上人が出現したか否かを、随時確認しなければなりません。

御当代御法主上人に猊座が替わられてから既に七年弱の月日が経ちますが、未だその確認の問い掛けがなされておりません。

今回の建白書は、表向きは奉安堂に対するイチャモンに見えますが、本来の意図は、この確認作業だと私は見ております。」



と書かせていただきました。ただし、これはあくまでも顕正会側の目線から見た建白書の意義づけであり、御宗門側から見ればとんだ茶番劇なのです。





本来、日蓮正宗では戒壇の大御本尊様と血脈を否定した者においては、大聖人様の弟子檀那とは言えないと判断する根本的な考え方が存在します。

故に血脈否定の暴挙に出た浅井さんはじめ顕正会員は、既に日蓮正宗に関係した団体では無く、「国立戒壇宗」という日蓮正宗とは何ら関係ない宗教団体の教祖様とその信者という括りになってしまうわけです。

それらの謗法の輩がたとえ「早瀬 日如上人 玉机下」との敬称をつけて文書を送っても、御宗門とは一切関係の無い連中が騒いでいるにすぎず、まともに相手をするなどということは到底ありえないことでありましょう。

それをもって“御当代御法主上人猊下もまた顕正会の主張を否定した。”と浅井さんが判断するのもまた結構なことでありましょう。



ただしこの「建白書」なる駄文で、多くの顕正会員が迷いから抜け出せないことは甚だ可哀そうであるがゆえ、ここに破折をしておきたいと思うものです。



まずは、浅井さんの姿勢に関してです。


冒頭でも述べたように、浅井さんは「早瀬 日如 上人 玉机下」との敬称をもって文章を提出いたしました。

これは言うまでも無く、浅井さんは猊下様よりも低い身分であることを自ら認めたうえで、御提案を申し上げるということです。

しかしながら、この文章の中身は「重ねて強く要請する。」「されば万事を差し置き、急ぎ堅固なる新御宝蔵を築き、以て近き広宣流布・国立戒壇建立のその日まで、本門戒壇の大御本尊を秘蔵厳護し奉られんこと、血を吐く思いで要請するものである。」

等、“ご提案を申し上げる”という謙虚な姿勢では無く、上から目線の命令なのですね。ここに浅井さんの腹の中が透けて見えるのです。玉机下という謙虚な姿勢を装ってみても、腹の中では背いている…。まさに面従腹背なんだということが誰の目にも明らかなのです。

浅井さんが除名された直接の原因は国立戒壇を主張したことではありません。宗内の統制を乱したことが原因であり、その根本は猊下を敬うという思考の欠如であります。



除名されて40年近く経とうというのに、いまだ反省のかけらもないこの浅井さんの姿勢では、それだけで御宗門の出される結果は分かろうかというものですよね。


スポンサーサイト

Comment

 

今回やはり「上人」を付けたのと「玉机下」を付けたのは違和感を感じます(^_^;)

前回、平成20年の諫国書のときには付いてませんでしたし。

「新奉安殿のお金を出す」発言もあったと思われることから考えると、

浅井会長は迷ってるのかな?
とも少し思いました!

考え過ぎですかね(-o-;)

セロリさんへ 

私は確信犯だと思います。

本気で戻る気があるならば、内々に打診をし、しかるべき礼節をもってお伺いをたてると思うのですね。

ましてや日如上人猊下は浅井さんを子供の頃から知っている訳ですし、戻るにはこれ以上の好条件は無いはずです。

それをあの文章ですからね…。

また御供養云々は無理でしょう。

奉安堂の時は確か200億集まったはずです。

これを実働顕正会員を5万人として割ってみても1人あたり40万円です。
経済的に破綻状態の顕正会員には些か荷が重いのではないでしょうか。

まぁ、ウサギ小屋みたいな規模のシェルターを作って良しとするならば、それは可能かもしれませんが…。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/13 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

顕正会破折 

トチロ~さん、こんばんは♪

私自身は顕正会歴が余りにも短くて内情が良く分りませんので
顕正会破折の皆様のページを見て回っています。

トチロ~さんセロリさんのページは本当に参考になりますm(__)m
しかし、今回の建白書は樋田様申し入れの後に思いつき
対戦してきたかのようで会員に自分を正当化する姿に思えてなりません…
いずれにせよ、こういう事で真面目な会員は洗脳されているのでしょうね(+_+)
  • posted by さくら 
  • URL 
  • 2012.09/13 23:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

さくらさんへ 

そうなんですよ。

今回のパフォーマンスは明らかに樋田さんのアクションを意識してのものだと思います。

実は平成16年の夏に浅井さんは突如、日顕上人猊下を呼び捨てにして宗門攻撃を始めました。

あれは元壮年部長だったIさんが法華講に移ったことが発覚した直後だったんですね。

要は、これから始まるであろう法華講員からの反撃に備えての先制攻撃だった訳です。

しかし、浅井さんの思惑通りにはことが運ばず、その後の脱会者はうなぎ登りに増えてしまい、月々の入信者も右肩下がりに下がっていきました。
浅井さんが宗門攻撃をすればする程、顕正会が崩れていく様は何とも皮肉なものですね。



  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/14 00:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。