顕正会の誤りについて:顕正会幹部への疑問1

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕正会幹部への疑問1

私が顕正会の活動に積極的に取り組み始めたのは平成9年の4月でありました。当時顕正会では50万達成を見つめておおいに盛り上がっており、この50万を背景に国家諫暁をするのだと会員の士気は高まっておりました。



そんなおり、私も折伏に会合にとドンドンその足を踏み入れていきました。やがて、組長、班長、副長とトントン拍子に役職は上がっていきました。そして、役職が上がるにつれ、活動に参加すればするほど、顕正会の組織の歪みや幹部の指導方針に疑問を感ずるようになったのです。




細部の不満、疑問は多々あるのですが、簡単に要約して言えば、彼らの姿に仏界の片鱗も感じられない、見えない。ということなのです。




私の記憶が確かならば、浅井会長も「なぜ、信心せねばならぬか。」のテープの中において、「御本尊様に向かい、お題目を唱えることによって、我々凡夫の胸中にも仏界が涌現するのである。」と言っていたはずです。




されば、顕正会幹部は末端の会員よりもお題目は上がっていて当然なのであるから、その姿、言動というものは当に仏様と見間違うばかりであって当然であろう。目は優しく、物腰は柔らかく、そして下の者には慈悲深く暖かく…。こうあってしかるべきではないか。そして、信心していない者にも尊敬の念を抱かせる、そういう姿こそ、正法を護持する者のあるべき姿ではないだろうか?





しかし現実は・・・・・・・・・・・・・・・、





当の顕正会員であれば、わかりますよね。この全く正反対を行くのが顕正会幹部の姿であるのです。





顕正会における人物判断の基準は折伏の成果のみであります。成果の上がっている者のみが偉い!そんな風潮が上から下まで浸透しております。人材登用もどれだけ数字を残したかで判断されます。よって、イケイケドンドンの恐怖政治をしくものが必然的に上へと昇進していくのです。ですから、そこにおいては世間の会社組織とは全く違うピラミッドが構成されます。人徳、良識、常識、知識、そういう本来組織の上層部の人間が持ち得なければならない条件を持っている幹部は殆どいないのです。




ですから、社会というものを普段の生活、そして経験を通じて知り尽くしている壮年層が殆ど立ち上がらないのです。


「壮年部が立たない。」


こう、よくボヤク声が聞かれますが、あったりまえだ!ってんです。





一方、法華講は壮年層の多さに驚かされました。一家の主である御主人が先頭に立って家族を引っ張っている。そんな姿があちらこちらで見受けられます。その姿一つとっても、どれだけ宗門が世間の常識を持ってしても納得出来うるものなのかが判断できます。




この姿を見て、顕正会は「法華講は年寄りばかりだ。」と揶揄しますが、一度法華講の内部を自分の目で見てこい!と私は言いたい。




「どうすれば、そのように壮年を立たせることができるのですか?」




多分こう質問したくて仕方なくなるんじゃないでしょうか。



またまた話がそれてしまいました。話を元に戻します。
いわゆる、顕正会幹部の顔を拝見していると、その心の状態が修羅界や畜生界であることが手に取るようにわかるのです。そして、その指導も「浅井先生のため、浅井先生のため…。」と浅井先生が、あたかも御本仏であるかのような方向にすり替わってきております。更には、どんな手を使ってでも数字さえ行けば良いとの誤った考えから、警察を呼ばれるような無理な折伏(勧誘)や、ホームレスを片っ端から入れていくというような、折伏とはかけ離れたものへと変質してしまっているのです。




顕正会では顕正会を誹謗するチラシや運動は全て創価学会の策謀であると会員に洗脳しております。これは決して学会を擁護するものではありませんが、学会の陰謀だけではないのです、その責任の一端は顕正会員にもあるのです。正法流布のためには手段を選ばないという顕正会の体質がこういった結果を招いているのです。

(つづく)




スポンサーサイト

Comment

 

トチロ~様、こんばんは!

浅井さんって、自ら折伏した事ってあるんですかね?いつも宗門、学会の悪態ばかりついてるだけで、謗法の僧侶を破折した、とか、他新興宗教の教祖やらそれらの幹部と会って破折した、とか一度も聞いた事がないので…
彼は自慢話、いわゆる自身の武勇伝?を語るのが大好き?な割にはちっとも聞こえてきませんねぇ…
常々会員には謗法退治だとか、国民皆を救いたい、その資格は日蓮正宗の中で顕正会だけにある!とか吠えまくってる癖に…
って事です。私が現役会員の時、いつも疑問に感じてた事。

まぁ、当時は幹部には、恐ろしくてこの旨を聞いた事はないのですが。
以上、畜生、修羅の幹部の姿に、浅井さんそのままを写している光景がフラッシュバックしたもので、つい書き込みした次第です~
  • posted by 風月 
  • URL 
  • 2012.09/09 00:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

風月さんへ 

私は平成6年から顕正会に入ったもので、風月さんと同様に、浅井さんの具体的な折伏の話は聞いた記憶がありません。

ただ、以前に櫻川忠さんとお話した際に、昔は新来者を浅井さんの自宅に連れて行き折伏してもらったといった内容を聞いたような気がします。

最近私も物忘れが酷いので、上記内容が確かかどうか自信は無いのですが…。今度またお話をお伺いする機会がありましたら、確認してみますね。
ただ、現在の顕正会幹部は下にハッパをかけるだけで自らは何もしないという姿は、浅井さんの姿にそっくりだなと私も感じます。

少し前の話ですが、先日亡くなられた柳澤委員長さんが地方部の激励会にいらっしゃった時、「どうすれば講員さん達が折伏に立つようになりますか?」と質問された講頭さんがいらっしゃいました。

柳澤さんは、

「講員云々の前に君は昨年何人の折伏をしたのだね?それが答えだ!講頭がしゃかりきになって動いていれば、自然とついてくるものだ。まずは自身の身を振り返りなさい!」(趣意)

と言われました。

私は強烈なショックを覚えました。

風月さんのコメントを見て、思わず思い出してしまいました。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/09 16:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。はじめまして。いつも拝見させて頂いております。私も現役の時は幹部以上は指導で折伏しないと聞いた時は正直、疑問に思っておりました...
言い方は悪いですが、どこぞのネズミ講とかわらないですよね...
ところでお尋ねしたいのですが、妙観講の大草講頭は折伏されてるとネットで読みました。
法華講の猊下様は折伏されていらっしゃるのでしようか?
  • posted by 元会員 
  • URL 
  • 2012.09/10 12:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

元会員さんへ 

はじめまして。

猊下様の折伏については私ごときが軽率な発言をしてもまずいので、今度御住職様にお尋ねしてきますね。


その上で現時点における私の考えを述べておきたいと思います。


そもそも猊下様とは、日興上人から代々受け継がれてきた血脈を御所持されておられる方であります。この受け継がれてきた血脈とは大聖人様の御内証、戒壇の大御本尊様の御内証と爾二不二の尊体である御内証を御所持されているということであり、能所の立てわけで言えば「人々を成仏に導く側」であるとも言えるかと思います。

それでは少し観点を変えて何故折伏をせねばならぬかということですが、これは言うまでも無く広宣流布、御遺命の戒壇建立による仏国土実現と、それぞれの成仏のためかと思います。

日蓮正宗要義には、

「そこで三大秘法抄・一期弘法付嘱書において、大聖人が「戒壇を建立せよ」と仰せられた遺命の目的を考察してみよう。

 一には本門戒壇の本尊に対する広汎な信行の確立、すなわち仏意相伝による戒壇建立の条件を内包する広布と
流通の目標として大聖人が命じられたのである。

 二にはその目標達成に励む個々の信心修行により、衆生における無始の煩悩・業・苦の三道を法身・般若・解脱の三徳と転ずる功徳利益をもって、一切民衆の成仏を期せられたのである。

 三には根本の大本尊を信仰する全世界の民衆が、個々の成仏と人類の平和繁栄を祈念する根本の殿堂として、戒壇堂建立を遺命せられたのである。」(日蓮正宗要義117ページ)

とあります。1と3に関しては猊下様にも関係はしてくると思いますが、2に関しては既に御内証を御所持されているのですから、これはあくまでも猊下様以外の御僧侶方や我々信徒のためのものであるかと思います。

すなわち、衆生を導く側におられる唯一の存在であられる御法主上人猊下におかれては、私たち導かれる側と同じ括りで判断するべきではないのではないかと私は思います。

また、それがゆえに丑寅勤行等の猊下様のみに与えられた為すべき事というものも存在しているのではないかと思うのですね。

元会員さんも既に法華講に入られているのでしたら、所属寺院の御住職様にご質問されてみると良いかもしれませんよ。

きっと私なんかよりも的確な説明をしてくださるのではないかと思います。

また気軽にコメントしてくださいね。


  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/11 05:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。