顕正会の誤りについて:付け願いについて

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付け願いについて

先般の建白書の中で浅井昭衛氏は以下のように述べております。


「ここに彼は法華講員を鞭打ち、登山を強要した。各末寺単位に登山員数を割当て、不足が生ずれば同一人を何回でも登山させ、なお足りなければ、御開扉料さえ出せば員数に加えるという 「 付け願い 」 の制度まで設けた。この登山強要により、法華講員の間には驕恣の心・厭怠の思いが生じ、さらに怨嗟の声すら起きている。何と恐れ多いことではないか。」


なんだかなぁ…。



というのが正直な気持ちです。この文章に「フェイク」という題名をつけても何の違和感もない…。



っていいますか、その筋のパクリですよね?





純粋な顕正会員さんはこれを頭から信じて「宗門はなんて汚いんだ!」「大御本尊様を商売の道具にしているのか!」なんて信じ込んでしまうのでしょうが、そうではないのですよ。


総登山の意義についてはまたの機会にするとして、とりあえず「付け願い」について書いてみましょう。



御開扉の折に浅井さんは気づいていなかったのかもしれませんが、読経中に猊下様は何かを開いて読まれているのですが、あれは信徒名簿なのですよ。


つまり、その日に御開扉を受けられた方々の御祈念をしてくださっているのです。


「付け願い」とは、実際には御開扉を受けることが出来なくても、その信徒名簿に加えていただき、猊下様に御祈念をお願いするという趣旨なんです。


現実問題、お年寄りや体の不自由な方が、北海道や沖縄などの遠隔地から…、更には海外等の超遠隔地から足を運ぶのは難儀なことです。


それでも足を運ぶところに意義は多大にあるのですが、どうしてもそれが出来ない方もいらっしゃることでしょう。


また、登山当日になって急な体調の変化から御開扉を受けることが出来なくなってしまう方々もいらっしゃいます。


そのような方々にも、その志はお受けして猊下様に御祈念をお願いいたしましょう。というのが、この「付け願い」の制度なんですよ。




どこまでも悪意を以って御宗門を見ていると、浅井さんのような発言になってしまうのかもしれませんが、実際に中に入ってその意義を教えてもらうならば、御宗門は何とも慈悲に溢れた姿勢なのでしょう。と、まったく正反対の感想になるものです。



顕正会員の皆様、もうサングラス越しに御宗門を見るのは止めて、その目でありのままの清浄な御宗門を見てください。


そして、そこにこそ700年間味も色も変わらず続いている大聖人様の仏法が存在していることを、その目、その耳で確かめてください。



これ以上、人生を無駄に使うのはもったいないことですよ。



スポンサーサイト

Comment

 

これは知りませんでした!いい勉強になりました。御開扉はいつも涙でぐちゃぐちゃです
猊下様がいっぱい御祈念くだされて有り難く思いまた涙してます。
顕正会員さんたちは大御本尊様のお姿を知らないで想像して遙拝勤行してるんですね。
大御本尊様に御目通り出来ないことこそ顕正会をお許しにならない証拠だと思うのですが
  • posted by サノ 
  • URL 
  • 2012.08/31 21:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

サノさんへ 

猊下様の真後ろだと拝せませんが、少し左右にズレた席ですと拝せますので、今度登山される時は確認されて下さい。


団体登山の時など、読み方が難しいお名前の方にはふりがなを付けるのは、実はこの為の配慮だと思いますよ。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.08/31 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

寛師会に行きますのでその時に見てみます。
これを知ったことによってまた感動です!!
凄いことですねー!!
  • posted by サノ 
  • URL 
  • 2012.08/31 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは。

付け願いは、昔からあった制度だと聞いたことがあります。

だとすると、妙信講でも付け願いはしていたのではないでしょうか?

サノさんへ 

寛師会に行かれるのですね。

であれば、寛師会に信徒さん以外の方々がどれだけ花火や相撲を見にきているかを観察されると良いですよ。

大石寺では信徒さん以外の方々が敷地内に入っても怒りません。

むしろそれが因縁となって、将来において帰依する喜ばしい行為だと捉えます。

これは顕正会破折にも使えますので、是非とも色々観察されて下さい。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/01 02:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありの金吾さんへ 

おっと!それは初耳です。というか、私は今まで気づきませんでした。


明日お山に行きますので、聞いてみますね。


結果はメールします。
  • posted by トチロ~ 
  • URL 
  • 2012.09/01 02:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。