顕正会の誤りについて:顕正会の大いなる誤り1(戒壇の事と義)その1

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕正会の大いなる誤り1(戒壇の事と義)その1

顕正会が宗門の誤りであると主張するポイントの一つに「戒壇の事と義」の解釈があります。



日達上人が相伝の上から説かれた法門の解釈を「誤りだ!」などとは、あまりにもバカチンすぎて相手をする気にもなれませんが、私も知らなかったとは言え、ちょっと前までは顕正会の主張を心の底から信じていた哀れな顕正会員だったんですよね…。そういう訳で、まだ何も知らない…、知らされていない顕正会員に本当の「事と義」についてお話させていただきます。



顕正会のそもそもの間違いは「事の戒壇」「義の戒壇」を固有名詞としてとらえているところにあるのです。



広宣流布の暁の戒壇のことのみを事の戒壇とするのが顕正会の一貫した主張です。ここに大きな大きな間違いの種が存在するのです。「事」「義」は形容詞としてとらえていかなければ、正しい理解はできないのです。



「事」だとか、「義」だとか、現代の日本ではこんな言葉は使いませんよね。だから顕正会員は簡単にコロッとだまされるんです。しかしながら、一度でも御宗門の書籍を読んでみると、「事」だ「義」だ「理」だとの言葉があまりにも多いのに気がつきます。初めは分からないのですが、どんどん読み進めているうちに何となくその意味するところが分かってくるものです。顕正会の皆様には是非御宗門の書籍にも目を通されることをお勧めします。




要は「事」と「理」、「事」と「義」は絶対的なものでは無く、相対的なものなのです。いわゆる「理」に対する「事」、「義」に対する「事」というようにそれぞれ比較相対する上で名付けられるものであり、何をその比較する上での物差しにするかで、同じ戒壇が「事」にもなり「義」にもなりうるのであります。




ちょっと難しいかな?例えば、我々の家の御本尊様の御在所は、天台の戒壇と比較すれば、天台の戒壇は「理」となり、我が家の御本尊様の御在所は「事」となります。しかしながら、戒壇の大御本尊様の御在所と比較すると、家の御本尊様の御在所は「義」となり、戒壇の大御本尊様の御在所は「事」となるのです。




現代語に置きかえて言うなら、「事」とは本当の真実の、「理」とは仮の(ただし、その効力は既に無い)、「義」とはやはり仮の(ただし、こちらの“仮”は意味合いは“事”に通じる“仮”である。)とでも言えばよかろうか…。





そこで、改めて戒壇の大御本尊様の御在所は「事」なのか「義」なのかであるが、それはまた後で…。


スポンサーサイト

Comment

難解 

戒壇の御本尊様は一大秘法というお立場から見れば、事の戒壇様です。

その中で事相の本門寺戒壇堂の完成から観れば、そこに通じる義の戒壇でしょうね。

ゼロサムの論理しかない顕正会も偏頗ですし、その逆も偏頗。難しいですね。
  • posted by ポリ銀 
  • URL 
  • 2012.08/06 21:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

ポリ銀さんへ 

その通りです。

事相に約して考えるならば、御遺命の戒壇は事の戒壇、それ以前の戒壇の御本尊様おわします場所は“御遺命の戒壇に意義は通じる『義の戒壇』”にあたります。

それは日寛上人仰せのところの「是れ則ち事中の事理にして迹門の理戒に同じからず、其の名に迷う勿れ」ということであり、これはこれで顕正会の批判は偏っています。

しかしながら、事相に約しての立てわけである時においても区別をしないのはまた偏った考え方であると思います。

その点はポリ銀さんが感動を覚えた平成16年の教師講習会において御隠尊猊下は「本門根源事の戒壇」と呼びたいと仰せになられ、その後の(平成16年の御大会に関しては私は確認できませんでしたが、)御戒壇説法においては「本門根源事の戒壇」と呼ばれていました。

偏りすぎた意見を言い切るのは間違いになりますから、しっかりとこのあたりの立てわけを腹に落とし込んだうえで顕正会員との対論に当たらねばいけないと私も思います。


  • posted by トチロ〜 
  • URL 
  • 2012.08/07 07:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。