顕正会の誤りについて:2013年12月

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Archive [2013年12月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

認めるということ。

先日みんとさんという方からコメントが入りました。「疑問があります。戒壇の大御本尊様にお目通りしなければ、功徳はないといった書かれようですが、当時、熱原の法華講衆の方々は大聖人様にお会いしたこともない方々ばかりです。命をかけて、戒壇の大御本尊様の願主にもなった熱原の法華講衆の方々は、信心はあっても、大聖人様にお目通りしなかったがゆえに地獄行きなのでしょうか?posted by みんと URL 2013.12/23 13:43分...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。