顕正会の誤りについて:2013年07月

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Archive [2013年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ドッカンパワー

さて四力成就について見てきたのですが、この信力・行力が伴ってはじめて功徳というものが出てくるのだというところまでは分かって頂けたと思います。しかしながら、猊下様の御指南のごとく「一生懸命に信心をしているのだけれども、いくらやっても御利益をいただけない」と仰る方は意外に多いのです。これは何故かというならば、利益という目に見えた現証が出てくるには、ある一定のラインを越えなければいけないと私は自身の体験...

功徳を知らない顕正会員

四力のお話になったので、脱線ついでにもう一つお話しておきたいと思います。この四力成就とは、あくまでも正しい御本尊様に正しい形で拝んでこそ、出てくる功徳であり、「仏力・法力」なのですね。つまり、浅井さんが勝手に作ったニセ本尊に拝んでも「仏力・法力」は出てこないのです。こういうと、「我々は“お慕わしいとの気持ちで”戒壇の大御本尊様に遥拝勤行している。貴様は戒壇の大御本尊様をも否定するのか!」とか、「少な...

四力成就 3

 さらに『日女御前御返事』には、  「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり。以信得入とは是なり。日蓮が弟子檀那等『正直捨方便』『不受余経一偈』と無二に信ずる故によて、此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり。たのもしたのもし。如何にも後生をたしなみ給ふべし、たしなみ給ふべし。穴賢。南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事尤も大切なり。信心の厚薄によるべきなり」(同一三八八ページ)と仰せであります。要す...

四力成就 2

 「現世安穏後生善処」というのは「現世は安穏にして後に善処に生ず」と読みまして、法華経の薬草喩品の文であります。これは、妙法を信ずる者の三世にわたる功徳を述べたものでありまして、現世では安穏なる境界となり、未来世にも必ず善処に生まれ、妙法を受持することができるとの意であります。 『法華文句』には、  「現世安穏後生善処とは、即ち是れ報因に報果を感ず」(文句会本中四〇九ページ)とありまして、現世に妙...

四力成就 1

「ここで大切なことは、御本尊様に具わる仏力・法力がいかに勝れていても、我々が具えるべきところの信力・行力がなければ、その仏力・法力は全く顕現されないのであります。これは「四力成就」と言いまして、我々の信力・行力、また仏様の仏力・法力、この四力が成就することによって功徳をいただくことができるのです。」(信行要文 三  136ページ)と、猊下様は仰せです。仏様が「仏力・法力」を御本尊様として遺してくだ...

不種善根

それではなにゆえお釈迦様は方便を使うのかと言えば、「所以者何。若仏久住於世。薄徳之人。不種善根。貧窮下賎。貪著五欲。入於憶想。妄見網中。」『もし仏が入滅することなく、久しく世に在住したならば、福徳の薄い人は、かえって善根を植えようとはしないであろう。貧に窮して賎しくなり、本能的な五欲を飽くことなく貪って、妄想や邪見の網の中に入り込み、もがき苦しむこととなる。』つまり、本気で法を求めようとしないがゆ...

徳薄垢重者

なぜ方便を用いるのかというと、お釈迦様は以下のように仰せになっております。「諸善男子。如来見諸衆生。楽於小法。徳薄垢重者。為是人説。我少出家。得阿耨多羅三藐三菩提。」『すべての清浄なる者たちよ、如来は、様々な衆生のうち、低下の教法を求めるような、福徳の薄い、煩悩の垢が積もり重なった者を見ると、この人たちのために、『私は、今世で若くして出家し、無上の完全な悟りを得た』と説くのである。』「但以方便。教...

寿量品の意義

さて、前回は寿量品における良医病子の譬を見てきたのですが、なにゆえこのような比喩が説かれたのかと言えば、この寿量品ではそれまでのお釈迦様自身の御説法をひっくり返すような大事なことが述べられたからでございます。すなわち、それまでの御説法では、お釈迦様は30歳の時に伽耶城近くの菩提樹の下で悟りを開いて成道されたということを前提に種々の法が説かれておりました。しかしながら、この寿量品において「一切世間。...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。