顕正会の誤りについて:戒壇の事と義

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Category [戒壇の事と義 ] 記事一覧

スポンサーサイト

浅井さんの正論

さて、広宣流布前夜さんという方が昨晩コメント下さったのですが、顕正会員さんの最大の誤りは、「日達上人は正本堂を御遺命の戒壇と言っている。」との嘘を浅井会長はじめ幹部連中から教えられているということなんですね。ここに浅井会長の発言を紹介いたします。学会の主張と日達上人の「事の戒壇の定義」は明らかに相違するものであり、それを浅井会長はここまではっきりと言明して猊下を擁護されているのです。入信間もない会...

戒壇の事と義 13(浅井会長の的外れな誹謗)

ついでにもう一つ。****************************⑫浅井会長の的外れな誹謗それでは浅井会長が上記日顕上人のお言葉に対して述べた異議に対して検証してみましょう。************************************では、御要望にしたがって明文を挙げよう。願くば守文の闇者たらずして理を貴ぶ明者たらんことを――。 まず法華取要抄文段に云く 「義理の戒壇とは、本門の...

戒壇の事と義 12(日顕上人お言葉に関して)

ブリトー君が山門さんに反論しているようですが、使い古したネタをよくもまぁ得意げに振り回しているものですね。こんな反論は既に過去に出尽くした内容ですから、こんな私でも反論文は過去にネット上に出しております。参考までに載せておきます。顕正会員諸氏は、このようなブリトー君のような邪義に振り回されず、自身の頭でよく考えてみてくださいね。****************************⑪日顕上人のお...

戒壇の事と義 11(参考資料)

日寛上人の法華取要抄文段に 、「当に知るべし、本門の戒壇に事有り理有り、理は謂く義理なり、是れ則ち事中の事理にして迹門の理戒に同じからず、其の名に迷う勿れ、故に亦義の戒壇と名づけんのみ。」とありますが、この戒壇の大御本尊様の“義”と、嫡々書写の御本尊様の“義”との関係もまた同じことがいえましょう。あくまでも戒壇の大御本尊様と、嫡々書写の御本尊様との関係は、“事”と“義”であります。その“事”である戒壇の大御...

戒壇の事と義  10(日達上人の御意)

前回までは、戒壇の事と義の正しい捉え方を書きました。しかしながら皆さんの頭の中は未だに整理がつかないと思います。現在の御宗門は、「戒壇の大御本尊様の御在所は、いつでもどこでも事の戒壇である。」と教えているからです。前回までのお話では、広宣流布以前の戒壇の大御本尊様の御在所は、義の戒壇となります。ここに矛盾が生じるように感じてしまうのですね。しかしながら、これは一切矛盾していないのです。戒壇の大御本...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。