顕正会の誤りについて:御開扉について

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Category [御開扉について ] 記事一覧

スポンサーサイト

認めるということ。

先日みんとさんという方からコメントが入りました。「疑問があります。戒壇の大御本尊様にお目通りしなければ、功徳はないといった書かれようですが、当時、熱原の法華講衆の方々は大聖人様にお会いしたこともない方々ばかりです。命をかけて、戒壇の大御本尊様の願主にもなった熱原の法華講衆の方々は、信心はあっても、大聖人様にお目通りしなかったがゆえに地獄行きなのでしょうか?posted by みんと URL 2013.12/23 13:43分...

付け願いについて

先般の建白書の中で浅井昭衛氏は以下のように述べております。「ここに彼は法華講員を鞭打ち、登山を強要した。各末寺単位に登山員数を割当て、不足が生ずれば同一人を何回でも登山させ、なお足りなければ、御開扉料さえ出せば員数に加えるという 「 付け願い 」 の制度まで設けた。この登山強要により、法華講員の間には驕恣の心・厭怠の思いが生じ、さらに怨嗟の声すら起きている。何と恐れ多いことではないか。」なんだかなぁ…...

御開扉を給わるに当って

先の日記の文中に出ていた「車中では今回ことに「御開扉を給わるに当って」と題する指導書が配られ、全員繰り返し熟読した。これは着山後指導のあいまもなく直ちに御開扉に臨む為、大事の御内拝に少しでもゆるがせや、うかつな思いがあってはとの本部の配慮によるものであった。」との“指導書”をここに掲載する。仮にこれが現代の法華講支部内の資料だとしても十分に通用する立派なものである。これだけ立派な事を述べることの出来...

正しかった頃の顕正会の御開扉観

これは昭和45年当時に顕正会の機関誌「富士」に掲載されたものである。御開扉に対する姿勢は真っ当であった。現在の「不敬の御開扉」と誹謗中傷する輩も、以前は正論を吐いていたのである。現役顕正会員には是非とも読んで頂きたい資料である。************************晴れて総登山・参詣二千有余名六年ぶりの御内拝に只々熱涙十万世帯へ死身弘法の誓い試練と忍従を乗りこえて 十月二十五日、この日秋...

不敬の御開扉?

最近の顕正会員は御開扉自体を不敬だと言っているようです…が!!!!こんなもんは最近言い出したことに過ぎません。こんなこと恥ずかしげもなく我々に言ってくる顕正会員はとにかく勉強不足です。顕正会の書籍をもっと読み込みなさい!!!と私は言いたい!!!!!そもそも平成10年の正本堂解体までは“誑惑不浄の正本堂に戒壇の大御本尊様を据え奉っているのが不敬である!”という論理でした。現在のような不敬の御開扉の論理...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。