顕正会の誤りについて:御遺命の戒壇について

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Category [御遺命の戒壇について ] 記事一覧

スポンサーサイト

御戒壇説法

本日は御大会に参加しております。ところで、顕正会員さんはご存知無いかもしれませんが、日蓮正宗の二大行事である御虫払いと御大会においては、御開扉時に猊下様より御戒壇説法として、戒壇の大御本尊様の縁由に関してお話があります。日達上人が「大事なものだから全部は見せられないが…。」と仰せになって両手で前後の文を隠しながら見せてくださったというのが、この御戒壇説法です。その御説法には勿論のこと御遺命の戒壇に...

戒壇建立は御遺命

昨日のコメント欄でAKIRAさんが折伏の状況を細かに教えてくださいました。「御遺命ってなんですか?」との質問をされたとのことでしたが、御遺命とは一天四海本因妙広宣流布、そしてこの具体的自相を待って建立するところの本門寺の戒壇を指します。つまり、顕正会の勘違いは…、私もそうではありましたが、日本一国のみの広宣流布で戒壇を建てても良いとする視野の狭さと、国立戒壇という語に執着するあまり、戒壇に関する正確な法...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。