顕正会の誤りについて:御本尊様について

顕正会の誤りについて

顕正会版日寛上人本尊は顕正会自作のニセ本尊です! 顕正会版日寛上人本尊には、本物と相違する決定的な証拠を残しております。 その真実をお教えいたします。パソコンの方はメールフォームで、携帯の方は管理人宛のコメントでご連絡ください。 ただし、現役顕正会員に限ります。          

Category [御本尊様について ] 記事一覧

スポンサーサイト

血脈

御戒壇説法では、「大御本尊様の御内証を代々の御法主上人が書写したてまつったところが、嫡々書写の御本尊であり、その御本尊様にお題目を唱えることはすなわち戒壇の大御本尊様にお題目を唱えることと同意となり云々。」というくだりがございます。さらっと読めば顕正会での勤行もよろしいのでは?と思うかもしれませんが、上記の赤字で抜いた部分が大事なのです。つまり、戒壇の大御本尊様の御内証を御書写できるということは、...

開眼について

コメント欄においてポリ銀さんより開眼についてご質問がありましたので、御隠尊猊下の「偽造本尊義を破す」の一部を抜粋して紹介いたします。ポリ銀さんが知りたい答えがこの文章の中にあるかはわかりませんが、何度も読んで行間からその真意を掴んでいただけたらと思うものです。**************************** ここに『教師必携』という書名が出てきますが、たしかに宗門の教師の心得としてそういう...

御本尊様について 2

およそ仏教と呼ばれるものは、それぞれに三宝というものを定義づけています。その三つの宝とは、仏の宝、法の宝、僧の宝です。そして我が日蓮正宗においては、仏の宝は日蓮大聖人様、法の宝は戒壇の大御本尊様、僧の宝は日興上人はじめ代々の御法主上人猊下とされています。これは客殿の御宝前の奉安形式に表されていますね。向かって左が仏宝の大聖人様、真ん中が法宝の御本尊様、そして向かって右が僧宝の日興上人です。この三宝...

御本尊様について 1

山門入口さんのブログを読ませて頂きましたら、宇都宮の御入仏式において浅井会長はまた顕正会員をだましているようですね。顕正会の本尊にお題目を唱えても何の功徳もありません!広宣流布の話の最中ではありますが、ちょっと寄り道して、顕正会の本尊について述べてみましょう。****************************私たちの胸中には地獄界から仏界までの十界が具わっているのは、顕正会の皆さんも御存じの...

ご案内

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

プロフィール

トチロ~

Author:トチロ~
顕正会版日寛上人御本尊と、本物の日寛上人御形木御本尊には決定的な相違点が存在するのです。


そのような本物とは違う本尊に手を合わせてはいけません!




顕正会版日寛上人御本尊をお持ちの方はこちらを見てください。

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。